インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ムーミン展

ムーミン展

■六本木にムーミンがやってきました
【会期終了】 可愛らしい姿と、ユーモアあふれる物語が特徴的な「ムーミン」シリーズ。作者はフィンランドを代表する芸術家、トーベ・ヤンソン(1914-2001)です。トーベが生み出したムーミンの魅力を、約500点の作品で紹介する展覧会が、森アーツセンターギャラリーで開催中です。
トーベは1914年に、スウェーデン語系フィンランド人の彫刻家の父・ヴィクトルと、スウェーデン人の挿絵画家の母・シグネのもとに、三人姉弟の長女としてヘルシンキで生まれました。下の弟二人も、写真家、小説家・漫画家として活躍と、ヤンソン家は超芸術一家です。

本展では、絵本の挿絵や原画のスケッチなど約500点の作品を、フィンランド・タンペレ市にあるムーミン美術館と、ムーミンキャラクターズ社が所蔵するコレクションから紹介。挿絵以外にも、グッズやフィギュアなど、多彩な表情のムーミンと、そのなかまたちも展示されています。

ムーミンの誕生には、二つの起源があると言われています。一つは、トーベがスウェーデン留学中に、叔父・エイナルから聞いた、首筋に冷たい息を吹きかける「ムーミントロール」というおばけの話。もう一つは、弟のペル・ウロフとのけんかによって生み出された、怒った顔の大きな鼻の生きもの「スノーク」です。

鼻の大きな生きものが心に残ったようで、トーベが画家を志した20代の頃には、「スノーク」とよく似た生きものを、作品に描いていました。



トーベがムーミン小説を手掛ける前に描いていた、スウェーデン語系の風刺雑誌「ガルム」の挿絵は、本展のみどころの一つです。

第二次世界大戦が開戦した1939年。フィンランドもソ連の侵攻により、否応なしに戦争へ巻き込まれていきました。戦争を嫌ったトーベは、風刺雑誌「ガルム」に、独裁者たちを痛烈に笑いとばす風刺画を描いていました。その風刺画の中には、ムーミンに似た生物が描かれています。

日本で初めてムーミンが紹介されたのは1964年でした。1990年には、トーベと弟のラルスが全編を監修した、ムーミンアニメが放送され、日本にもムーミンブームが到来。このブームは、今もなお続いています。

テレビアニメの宣伝のために、1971年と1990年の2回と来日を果たしたトーベ。日本でのスケッチや写真資料も展示されています。浮世絵とムーミンを並べるユニークな展示も。並べてみると、ムーミンと浮世絵は似ているかも? 見比べてみてください。

「ムーミン谷の冬」のスウェーデン語版初版より、一部抜粋・縮小して綴じ込みとして収録されている、公式図録もおすすめ。会場最後の特設ショップで限定販売されています。そのほかの展覧会限定グッズのお買い物も、お忘れなく。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年4月8日 ]

MOOMIN ムーミン公式ファンブック 2019MOOMIN ムーミン公式ファンブック 2019

宝島社(編)

宝島社
¥ 1,598

料金一般当日:1,800円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場森アーツセンターギャラリー
開催期間2019年4月9日(火)~6月16日(日)
所在地 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー52階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://moomin-art.jp/
展覧会詳細へ ムーミン展 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社