インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  江戸の凸凹 ― 高低差を歩く

江戸の凸凹 ― 高低差を歩く

■江戸時代、銀座は半島でした
アイドルユニットの名前になるほど、坂が多い東京。いくつもの河川が通る事から東京には谷が多く、高低差がある地形は、東京の特徴のひとつともいえます。江戸を描いた浮世絵から、凸凹に着目した展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
時代が移り、すっかり町の風情は変わっても、意外と変化しないのが土地の高低。現在の東京も、江戸時代とほぼ変わらない地形の特徴が見られる場所が、各所にあります。

展覧会は、地形の高低差が感じられる浮世絵を紹介する企画。東京スリバチ学会が全面協力しました。

凸と凹を繋ぐのは、坂道。という事で、会場は坂を描いた作品から。歌川広重による《東都名所坂つくし》は、江戸のさまざまな坂道を題材にした10点の揃物で、まさにこの企画にピッタリの作品です。

歌川広重《東都名所坂つくしの内 伊皿子潮見坂之図》は、現在の港区三田の伊皿子坂。ここから江戸湾が一望できました。

歌川広景《江戸名所道外尽 廿八 妻恋こみ坂の景》は、文京区湯島。妻恋坂から北に伸びる芥坂(ごみざか)です。厠があったようで、鼻をつまんでいる人がいます。

ちなみに、乃木坂は江戸時代には幽霊坂と呼ばれていましたし、欅坂(けやき坂)は六本木ヒルズ再開発にともなってできた坂という事もあり、この展覧会にはありませんでした。



続いて、10のエリアで江戸の凸凹を紹介。「御茶ノ水・神田」「王子」「愛宕山・芝」「目黒」「品川・御殿山」「上野」「浅草」「日比谷・日本橋」「佃島・築地」「深川・木場」と進みます。

「凸」の中には、人工的に作られた山も。富士山に模して各所に造られた「富士塚」は、目黒にもありました(現存せず)。歌川広重《名所江戸百景 目黒新富士》は、富士塚である目黒富士(新富士)と、目黒川の桜を描いています。

歌川広重《東都名所 王子瀧の川》は、北区の滝野川(石神井川の下流)。当時は蛇行し、弁天の祠や滝があり、行楽地でもありました。

紹介されたエリアの中で、特に現在と大きく違うのが、日比谷・日本橋エリア。家康が江戸に入るまでは、日比谷付近まで海が入り込んでおり、銀座界隈は江戸前島という半島でした。江戸初期に埋め立てられ、大名屋敷などが建てられる事となります。

中には、なくなってしまった幻の地形も。隅田川に架かる新大橋の下流には「中洲新地」という大歓楽地があり、多くの茶屋で賑わっていましたが、寛政元年(1789)年には取り壊されてしまいました。理由は分かっていませんが、風紀取締のため廃止された、という説もあります。

展覧会の最後には、上空から見た江戸の姿も。もちろん、ドローンなどなかった時代ですが、浮世絵師たちは発想豊かに俯瞰した江戸の町を描きました。

会場では、浮世絵が描かれたスポットがマークされた地形図も配布されます(公式サイトからもダウンロードできます)。東京の土地カンがある人は、現在の地形を思い浮かべながら見ると、より楽しいと思います。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年5月31日 ]


 
会場太田記念美術館
開催期間2019年6月1日(土)~6月26日(水)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp
展覧会詳細へ 江戸の凸凹 ― 高低差を歩く 詳細情報
インターネットミュージアム アルバイト募集中
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
神奈川県立歴史博物館「横浜開港160年 横浜浮世絵」'
「横浜浮世絵」展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
Bunkamura
バレルcol.
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
DIC川村記念美術館「ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ」
[エリアレポート]
ジョゼフ・コーネル
横浜美術館「Meet the Collection ― アートと人と、美術館」
[エリアレポート]
アートと人と美術館
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー メスキータ展
東美濃の縄文土器 江戸の凸凹 ― 高低差を歩く ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 日本画「青・蒼・碧」展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社