インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ミュシャと日本、日本とオルリク

ミュシャと日本、日本とオルリク

■双方向の響き合い
【会期終了】 アール・ヌーヴォーを代表する、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。日本では高い人気を誇り、多くの展覧会が開催されています。千葉市美術館では、ミュシャとエミール・オルリク(1870-1932)に焦点を当て、日本と西洋の影響関係を、グラフィックの視点から紐解いていきます。
19世紀に欧州を席巻したジャポニスム。ただ、西洋がジャポニスムに感化されるだけでなく、この時代は日本もミュシャなどから刺激を受けて、創作を進めていました。

展覧会ではミュシャの作品はもちろん、日本でほとんど紹介された事が無かった作家も含め、全500点超(前後期通じて)を展示。東西の美術表現の響き合いを展観します。

序章「ジャポニスム―光琳、型紙、そして浮世絵」では、流行したジャポニスムを3つの要素で紹介。琳派を顕彰する版本、染織用の型紙、北斎と広重の浮世絵です。

1章は「チェコのジャポニスム」。チェコにおけるジャポニスムは、パリ経由で流入しました。

スタートが遅かったためか、チェコでは日本美術が長く愛されたのも特徴的。その流行は、1940年代まで続きました。プラハ北方、ロストキにあった日本式のホテル「サクラ・ホテル」は、映画の舞台にもなっています。

ミュシャはチェコ生まれ(当時はオーストリア帝国)。パリでサラ・ベルナールの芝居『ジスモンダ』のポスターを制作し、アール・ヌーヴォーの寵児になりました。

本人は否定的でしたが、やはりその創作にはジャポニスムの影響が見てとれます。



第2章は「ミュシャと日本」。パリのアパルトマンにミュシャの大型ポスター《ジョブ》を貼っていたのは、浅井忠です。黒田清輝や和田英作もミュシャの作品に魅せられ、ポスターを持ち帰って白馬会展で展示しています。

白馬会の画家も多く参加した雑誌『明星』でもミュシャの絵は紹介されています。藤島武二、中澤弘光、杉浦非水らは、明らかにミュシャ風の美女を描きました。

第3章「日本とオルリク」。エミール・オルリクは、知名度は高くありませんが、グラフィックで日本と西洋の架け橋となった重要な人物です。

プラハで生まれ、銅版画による挿絵などを手掛けていたオルリクは、日本美術に惹かれて1900年に来日。狩野友信に日本画を学び、彫師や摺師から浮世絵技法も習得しました。白馬会展にも出展しています。

同展に出品した石版画《東京市街 七枚の内》は、自ら製版した「自画」の作品ですが、まさにこの時代は「自画自刻自摺」の創作版画が生まれる時期。日本では数少ない石版画家・織田一磨も、オルリクの作品に感銘を受けたひとりです。

最終章は「オルリク─日本の思い出/後継者たち」。オルリクは帰国後も画家として精力的に活動し、1902年のウィーン分離派第14回展には日本を描いた木版画16点を出品。これを期に、木版画を手掛ける作家が大きく増えています。

ジャポニスムの流行(日本 → 西洋)、ミュシャの影響(西洋 → 日本)、オルリクの日本愛(日本 → 西洋)、自画による日本版画の革新(西洋 → 日本)と、この時代のグラフィック表現は、複雑に交差しながら進んでいきました。

ひとつ重要なポイントといえるのが、紙の利便性。展覧会のほとんどは紙の作品ですが、折りたたんで持ち運べるグラフィックの簡便さは、表現改革のスピードを上げたといえます。

展覧会は千葉から始まる巡回展。和歌山、岡山、静岡に巡回します。会場と会期はこちらです。

余談ですが、近年人気爆発といえる田中一村の作品を多数有する千葉市美術館。来年度は所蔵作品を一気に公開する展覧会が開催されるとの事、今から楽しみです(2020年1月から6月末までは、施設改修のため休館です)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年9月10日 ]

ミュシャと日本、日本とオルリクミュシャと日本、日本とオルリク

(編)千葉市美術館、和歌山県立近代美術館、岡山県立美術館、静岡市美術館

国書刊行会
¥ 2,700

 
会場千葉市美術館
開催期間2019年9月7日(土)~10月20日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ ミュシャと日本、日本とオルリク 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社