インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ゴッホ展

ゴッホ展

■ゴッホをつくった、ふたつの出会い
ポスト印象派を代表するオランダの画家、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。世界中を魅了する独自の色彩と表現は、ふたつの大きな出会いから生まれました。世界各国から集められたファン・ゴッホの作品と、交流した画家たちの作品を紹介する展覧会が、上野の森美術館で開催中です。
オランダ南部、ベルギー国境近くのフロート・ズンデルトで生まれたファン・ゴッホ。父は牧師です。伯父が経営する画廊で6年半働き、ルーヴル美術館やナショナル・ギャラリーなど多くの美術館に親しみました。

1880年、27歳で画家になる事を決意した頃は、先人の作品を熱心に模写。特にジャン=フランソワ・ミレーは生涯にわたって敬愛し、ミレーに倣って農民画家を目指しました。

この頃、オランダ南西方の都市・ハーグを拠点に活動していた画家のグループが、ハーグ派です。田園や海岸の豊かな自然と、庶民の暮らしを叙情豊かに描きました。

ハーグ派の作品に共鳴したファン・ゴッホは、1881年にハーグ派の指導的な画家であるアントン・マウフェを訪ね、指導を受けます。同年末にはハーグに移住、キャリア初期の重要な時期を、この地で過ごしました。

ハーグ派はヨゼフ・イスラエルスに始まり、マリス三兄弟、マウフェらが活躍しており、ファン・ゴッホは若い世代のアントン・ファン・ラッパルトと親しく交流しました。

ところが、1885年にファン・ゴッホが手掛けた自信作《ジャガイモを食べる人々》(リトグラフのみ展示。油彩画は未出展)を、ファン・ラッパルトは技術面から酷評。両者は手紙で激しい応酬となり、後にハーグ派とは完全に別離してしまいます。



ファン・ゴッホを支えたひとつ目の芸術家グループがハーグ派なら、ふたつ目は印象派です。この時期、印象派はパリを席巻しており、弟で画商のテオは、その魅力をファン・ゴッホに強く勧めましたが、当初はあまり興味を示しませんでした。

ところが1886年にパリに赴くと、目にした印象派の作品に衝撃を受ける事に。自身の作品もそれまでの暗い色調から一変し、いくつもの原色を用いた明るい画風に変化しました。

印象派の作品では、クロード・モネを高く評価。温厚な性格の派の長老で、誰からも慕われたカミーユ・ピサロとは個人的にも親しくなりましたが、ファン・ゴッホが印象派に入ることはありませんでした。

ファン・ゴッホに影響を与えた画家としては、印象派に先立つアドルフ・モンティセリも挙げられます。激しい筆使いと厚塗り絵具で独自の道を進んだモンティセリは、ファン・ゴッホに強いインスピレーションを与えました。

1888年には南仏のアルルに移住。ファン・ゴッホを代表する作品が、この地で数多く描かれました。経済的に困窮していたゴーギャンを呼び寄せて共同生活を送るも、2カ月で破綻。1889年にはサン=レミの精神療養院に入院しました。

ファン・ゴッホは療養院に入ってからも、それまでの経験を活かしながら制作を続けます。展覧会メインの《糸杉》は、この時期の作品。糸杉は街路樹などで良く見られる木ですが、過去の西洋絵画ではあまり描かれていません。ファン・ゴッホはこの作品を含めて、糸杉を数点を描いています。

会場では《糸杉》と近い時期に描かれた《夕暮れの松の木》《薔薇》にも注目です。ともに制作時からかなり退色しているので、鮮やかな色彩のコントラストを想像しながら、鑑賞してみてください。

東京展の後に、兵庫県立美術館に巡回します(2020年1月25日(土)~3月29日(日))。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年10月10日 ]

ゴッホ展完全ガイドブック (AERAムック) ゴッホ展完全ガイドブック (AERAムック)

朝日新聞出版 (編集)

朝日新聞出版
¥ 1,540

 
会場上野の森美術館
開催期間2019年10月11日(金)~2020年1月13日(月・祝)
所在地 東京都台東区上野公園1-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://go-go-gogh.jp/
展覧会詳細へ ゴッホ展 詳細情報
取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
エントリー受付中です
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社