インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  江戸の茶の湯 ー 川上不白 生誕三百年 ー

江戸の茶の湯 ー 川上不白 生誕三百年 ー

■大名も魅了した、不白の千家茶道
江戸で千家流の茶の湯を広めた茶人、川上不白(1719-1807)。今年でちょうど生誕300年を迎えます。師弟関係、好みの道具、自作の書画、そして近代数寄者への影響まで、不白の茶の湯を幅広く紹介する展覧会が、根津美術館で開催中です。
現在の和歌山県に生まれた川上不白。江戸での仕官の後に、京に上って如心斎天然宗左(1705-51)に入門し、茶人・不白として歩み始めました。

展覧会は、まず如心斎の紹介から。表千家六代の長男として生まれた如心斎は、26歳で七代家元を継承。江戸中期の茶道人口の広がりを受け、稽古や門弟の制度を整えるなど、現在まで続く家元制度を確立しました。千家茶道の中興の祖といえる存在です。

不白は16歳で如心斎に入門しました。早くから師の信頼を得て、活動をサポート。利休以来の茶の湯の系譜である事を証明する「茶湯正脈」を27歳で授けられています。

不白の活躍を物語るエピソードが「利休遺偈(ゆいげ)」。利休が割腹の間際に遺した辞世の書である利休遺偈は、当時は千家を離れており、如心斎は取り戻す事を切望していました。

利休遺偈を蔵していたのは、江戸の材木商・冬木家。不白は何度も交渉を重ねた末、ついに利休遺偈の入手に成功。その功績により、如心斎からは茶碗が贈られています。



江戸と京を行き来するように活動していた不白は、師・如心斎が没した1755年(宝暦5)年頃からは、江戸に落ち着きます。

それまでの江戸では、徳川幕府と結びついた石州流が主力でしたが、不白は京都の茶の湯である、千家茶道の普及を図ります。

皇族で「上野の宮様」と崇拝された輪王寺宮をはじめ、盛岡藩(南部氏)、長州藩(毛利氏)、土佐藩(山内氏)など大藩の大名にも千家茶道を指南した不白。その名声は高まり、爆発的に門人を増やす事に成功しました。

その勢力を示しているのが、江戸の茶人を番付にした《東都茶人大相撲》。東西の大関をはじめ、番付上位に不白流が並んでいます。

不白は茶碗や茶杓などを自作しています。展覧会メインビジュアルの《赤楽茶碗 銘 只》は、その名の通り「只」の文字が大きく記された茶碗。不白は「只」を好み、何度も揮毫しています。

展示室2には、不白の書画も紹介されています。中村芳中の作品に多く賛をしているほか、自画賛も芳中の影響が見てとれます。

会場最後は、不白が近代数寄者に与えた影響について。明治維新により茶道は一時衰退しますが、江戸に広まっていた不白流の人気は続きました。

不白流の流れからは、多くの近代数寄者が生まれています。根津美術館のコレクションの礎を築いた根津青山(初代 嘉一郎)もそのひとり。水差の底に、如心斎が「黙雷」(不白の菴号)と朱書きした《矢筈口水差 銘 黙雷》は、根津青山が大正時代に手に入れたものです。

昨年に引き続き、五島美術館、三井記念美術館と共同で「秋の三館 美をめぐる」キャンペーンも開催中。3つの展覧会を制覇すると、1館の次回展が無料になるという、なかなか太っ腹な企画です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年11月15日 ]

※前期(11/16~12/1)・後期(12/3~12/23)で展示替えがあります。

川上不白茶会記集川上不白茶会記集

川上宗雪(監修)、谷晃(編集)

中央公論新社
¥ 14,300

 
会場根津美術館
開催期間2019年11月16日(土)~12月23日(月)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 江戸の茶の湯 ー 川上不白 生誕三百年 ー 詳細情報
取材レポート
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
根津美術館「江戸の茶の湯
江戸の茶の湯
東京国立博物館
人、神、自然
出光美術館
やきもの入門
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
Bunkamura
リヒテンシュタイン
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
カラヴァッジョ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
11/29 10時 投票スタート!
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社