インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世

もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世

■知られざる系譜
【会期終了】 浮世絵界最大の派閥・歌川派。歌川豊春から始まり、豊国→国芳→芳年へ。この後は水野年方→鏑木清方→伊東深水という系譜が知られますが、別の流れもありました。年英? 英朋? 朋世?? 忘却されつつある「もうひとつの歌川派」に迫る展覧会が、弥生美術館で開催中です。
展覧会のテーマは「もうひとつの歌川派」ですが、まずは「お馴染みの歌川派」から。歌川国芳(1798-1861)は武者絵から戯画まで豊かな才能を発揮。弟子の月岡芳年(1839-1892)は「血みどろ絵」で一世を風靡しました。

ここからが本展のキモです。まずは芳年の弟子、右田年英(1863-1925)。大分に生まれ、上京後に月岡芳年に入門しました。

芳年の門下で四天王といわれたのが、水野年方・稲野年恒・山崎年信・右田年英。中でも評価が高い二人が、年方と年英でした。

年英は新聞小説の挿絵で、長きに渡って活躍しました。日露戦争の報道錦絵など浮世絵も手掛け、伝統的な技法を守る事にも尽力しています。



温厚で良き家庭人だった年英は、多くの弟子を育てました。そのエースといえるのが鰭崎英朋(1880-1968)で、今年はちょうど生誕140年となります。

父を知らずに育った英朋。17歳上の右田年英は、英朋にとって師であるとともに、父のような存在でした。画業はもちろん、まじめな人柄まで年英から引き継ぎ、着実に成長していきました。

文壇の大御所・尾崎紅葉に目をかけられ、出版社の春陽堂の挿絵画家として活躍。「目が大きく二重瞼で、口は小さく唇は少し厚く…」と、女性の完璧な美しさを追求し、独特の美人画には定評があります。

英朋の代表作といえるのが、小説家・泉鏡花の「続風流線」の木版口絵です。気を失った女性が水中から助けられる、官能美あふれる作品です。

よく見ると、歌川国芳が用いた「芳桐印」を落款に用いています。師匠筋とはいえ、自らの作品に他人の落款を使う事はほとんど例が無く、あるいは歌川派としての気概を強く持って挑んだ作品なのかもしれません。

展覧会の大きな目玉が、英朋の日本画《焼あと》です。英朋と同門で、大親友だった伊東英泰の遺族宅に大切に保管されていました。

1905年の展覧会で発表された作品で、展示されるのはなんと115年ぶり。立札を食い入るように見つめる美しい女性は、英朋ならではの表情です。英朋は川端玉章から日本画を学んだ事もありました。

最後は神保朋世(1901-1994)。雑誌や新聞の挿絵で活躍、特に「オール読物」に連載された野村胡堂の「銭形平次捕物控」は、1933年から1957年まで挿絵を担当しています。

朋世は伊東深水にも入門し、日本画も積極的に発表。平成まで歌川派を引継ぎました。

会場で関連資料として紹介されているのが、歌川派に連なる他の画家たち。岩田専太郎や小松崎茂なども、実は歌川派の系譜です。

本展は、太田記念美術館で2/15~3/22に開催される「鏑木清方と鰭崎英朋近代文学を彩る口絵 朝日智雄コレクション」展と連携しています。半券を提示すると、割引料金で入館できます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年1月14日 ]


 
会場弥生美術館
開催期間2020年1月7日(火)~3月29日(日)
所在地 東京都文京区弥生2-4-3
TEL : 03-3812-0012
HP : http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/index.html
展覧会詳細へ もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
21_21
デザイナー達の原画
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社