インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  SF・冒険・レトロフューチャー ~ぼくたちの夢とあこがれ~

SF・冒険・レトロフューチャー ~ぼくたちの夢とあこがれ~

■「船のカバシマ」と「ボックスアートの小松崎」
【会期終了】 【開催中止】誰もがバラ色の未来を信じていた頃。子どもたちは少年雑誌に描かれたSFや冒険の未来図に心を躍らせていました。昭和の夢とあこがれを描いた挿絵画家たちの画業を紹介する展覧会が、昭和館で開催中です。
昭和10年頃から昭和30年頃までの、国民生活上の労苦についての歴史的資料・情報を収集、保存、展示している昭和館。今回の特別企画展は、かつて想像されていた懐かしい未来=レトロフューチャーをテーマに、少年文化の魅力を紹介していく試みです。

展覧会は3章構成で、第1章は「空想科学(SF)の黎明」。冒頭に展示されている押川春浪「海島冒険奇譚 海底軍艦」は、明治33年の発表。日本SFのさきがけです。

昭和初期に活躍した海野十三は、日本SFの父。宇宙、海底、未来などをテーマに、多くの科学冒険小説を発表しました。

その海野や山中峯太郎らが少年向けの作品を書いたのが、講談社の『少年倶楽部』です。発行部数が伸び悩んでいた少年倶楽部は、挿絵画家に樺島勝一を起用、大きく飛躍していきました。

写実的で精密な樺島の作風は、小説の世界観とマッチ。特に海の表現は見事で、「船のカバシマ」と讃えられました。展示されている原画の海面も、まるで写真のようです。

ただ、戦時中の作品では、原画に描かれた航空母艦が消されたものも。情報統制が少年雑誌にも及んでいた事が分かります。

樺島に憧れていた小松崎茂は、次の世代の挿絵画家です。戦前には国防科学雑誌『機械化』の挿絵を担当。「未来の新案兵器」として成層圏爆撃機などの図解も描き、人気を博しました。

第2章は「紙芝居・絵物語の世界」。街頭紙芝居は昭和初期から広まり、東京高等工芸学校の学生だった永松健夫が描いた「黄金バット」は大ヒットしました。

出版が盛んになると、紙芝居を描いていた山川惣治は、紙上に絵と文章をまとめた作品を「紙上紙芝居」として発表。後に「絵物語」と呼ばれるようになります。

小松崎も科学冒険絵物語を数多く描きました。第五福竜丸のビキニ環礁被曝事件(昭和29年)なども踏まえ、原子力がもたらす恐ろしい未来像も、しばしば描いています。



第3章は「少年たちの未来予想図」。昭和30年代には「SF」という言葉も定着。少年雑誌が月刊から週刊に移行すると、絵物語から漫画へと流行が進んでいきます。

雑誌口絵で小松崎は「テレビ飛行機」「空飛ぶ学校バス」などを発表。米国のプランを元に、宇宙ステーションも描きました。

展覧会の大きな見せ場が、小松崎による講談社『少年少女世界科学冒険全集』シリーズの表紙原画。全35巻中34巻の表紙絵と口絵を担当し、宇宙、深海、秘境などを舞台にした作品を描いています。

娯楽性が高い少年雑誌の中で、このシリーズは学校図書館にも収蔵されました。「学校で読めるSF」としても、多くの子どもが目にしています。

そして、小松崎といえばプロモデルのボックスアート(箱絵)。戦記物の複雑なメカは、小松崎の十八番です。

小松崎が特に強く関心を寄せていたのが、戦艦大和でした。仕事を離れても大和の設計図を描くほどの入れ込みようで、生涯で何度も大和を描いています。

ただ、小松崎を含め、多くの日本人は大和の実物を見た事がありません。軍の最高機密だった大和の存在が一般に知られるようになったのは、戦後になってからです。

敗戦という現実を踏まえながら技術大国を目指していた日本人にとって、世界最大の戦艦大和は、日本の技術力の象徴でもあります。そして、小松崎が描いた大和の絵は、日本人のプライドを子どもたちに伝えていく事になったのです。

開館21年目に入った昭和館で、初めて行われている美術の展覧会。残念ながら開幕のメドは立っていませんが、力の入った展覧会の雰囲気を少しでも感じていただければと、取材させていただきました。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年3月31日 ]

心の流浪 挿絵画家・樺島勝一心の流浪 挿絵画家・樺島勝一

大橋 博之(著)

弦書房
¥ 2,420

 
会場昭和館
開催期間開催中止 当初予定会期:2020年3月14日(土)~5月10日(日)
所在地 東京都千代田区九段南1-6-1
TEL : 03-3222-2577
HP : https://www.showakan.go.jp/
展覧会詳細へ SF・冒険・レトロフューチャー ~ぼくたちの夢とあこがれ~ 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社