インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  恐竜博2011 恐竜の祭典、この夏いよいよ上野へ!

恐竜博2011 恐竜の祭典、この夏いよいよ上野へ!

■ティラノサウルス vs トリケラトプス
【会期終了】 数々の有名な恐竜の中でも、2大スターといえばティラノサウルスとトリケラトプス。最新研究に基づいた全身骨格、対決スタイルで紹介しています。
ティラノサウルスとトリケラトプス。説明不要の有名恐竜ですが、恐竜の研究は常に進化を続けています。

例えばティラノサウルスは、以前は立って地面に尾を垂らした姿で描かれていましたが、この格好では動くたびに尾が地面に触れてバランスが悪いので、現在は尾は水平に伸びていたという説が主力。トリケラトプスも前足の肘が横に突き出て腕立て伏せのように描かれていましたが、手の甲が外側を向いていたことが明らかになりました。今回の展示では最近の研究成果に沿った新しい恐竜の姿が紹介されています。

向き合う姿のティラノサウルスとトリケラトプス。すごい大きさです。

驚きのひとつが、恐竜を食べていた哺乳類の存在。恐竜時代にいた哺乳類は、細々と隠れるように生きていたイメージがありますが、哺乳類であるレペノマムスの胃の部分からは恐竜の子どもの骨や歯が見つかりました。つまり、哺乳類が恐竜を食べていた可能性があるということ。我々が従来持っていたイメージとは、だいぶ変わっているのに驚かされます。

また今年は「始祖鳥」が1861年に命名されてからちょうど150周年の記念すべき年。これまでに発見されている11点の始祖鳥の標本から、最も保存状態がいい「サーモポリス標本」が日本初公開されました(実物化石は7/2~10の期間限定)。始祖鳥も150年の間に研究が進み、最近の調査では足の親指の向きが他の鳥類と違うため、枝にとまる能力が低かった可能性も示唆されるなど、まだまだ分かっていないことも多いのです。

ジュラ紀のコーナー。アロサウルスとヘスペロサウルス。

後半のシアターは、大迫力のCG映像。ティラノサウルス類が羽毛で覆われていたという研究成果に基づき、半身が羽毛で覆われたティラノサウルスが登場します。対決する相手は、もちろんトリケラトプス。しゃがんだ姿勢で待ち伏せるティラノサウルス。悠然と歩くトリケラトプスに遅いかかりますが、トリケラトプスも必死の反撃。果たしてスター対決の結末は…ぜひ会場でご覧ください!

 


第2会場は東日本大震災復興支援企画として、被災地での標本レスキュー活動が紹介されています。陸前高田市「海と貝のミュージアム」に展示されていたツチクジラの剥製を救出した様子などとともに紹介されていたのは、泥まみれの本「猫の事務所」(宮沢賢治・著)。賢治は陸前高田の博物学者・鳥羽源蔵(とばげんぞう)と親交があり、猫の事務所にはトバスキーとゲンゾスキーというネコが登場しています。陸前高田市立図書館は津波で蔵書の大分部を失いましたが、猫の事務所は偶然発見された、とのこと。文化財復興支援の募金も受け付けていました。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年7月1日 ]

よみがえる恐竜・大百科 超ビジュアルCG版

スティーブ・ブルサット (著), 北村 雄一 (監修), 椿 正晴 (翻訳)

ソフトバンククリエイティブ
¥ 2,940

 
会場国立科学博物館
開催期間2011年7月2日(土)~10月2日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.asahi.com/event/kyoryu2011/
展覧会詳細へ 恐竜博2011 恐竜の祭典、この夏いよいよ上野へ! 詳細情報
取材レポート
古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
澄川喜一 そりとむくり'
澄川喜一
太田記念美術館「鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ―
鏑木清方と鰭崎英朋
目黒区美術館「越境者たち-BEYOND
越境者たち
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
未来と芸術
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
東京オペラシティ
白髪一雄
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
クラシックホテル展
クラシックホテル
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
モダンデザイン
エリアレポート 静嘉堂文庫美術館「『鉅鹿』発見100年 ─ 磁州窯と宋のやきもの」
[エリアレポート]
磁州窯
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」
[エリアレポート]
バルセロナ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」
[エリアレポート]
関根正二
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社