インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  種村季弘の眼 迷宮の美術家たち

種村季弘の眼 迷宮の美術家たち

■"怪人"が愛した美術家たち
【会期終了】 稀代の博覧強記(はくらんきょうき:広く書物を読み、いろいろな事をよく記憶していること)であった、ドイツ文学者の種村季弘(たねむらすえひろ 1933~2004)。鋭い観察眼で美術評論をおこなった種村に焦点をあてる、初の展覧会です。
ドイツ文学の翻訳はもとより、幻想小説や美術、演劇、舞踏などの評論でも知られる種村季弘。フィールドはエロティシズム、錬金術、吸血鬼など広範で、膨大な著作の質と量で「怪人」と評される程でした。

本展は、種村の活動の中で美術に焦点をあてたもの。種村とは縁が深い板橋区(池袋で生まれ、板橋区にある都立北園高校を経て東大文学部に進学しました)の、板橋区立美術館での開催です。

展覧会は7章構成。まず第1章では種村のポイントとなる仕事を紹介していきます。


第1章「種村季弘という迷宮」

第2章は「夢の覗き箱」。全てを手に入れたようでも、その全てと接触する事ができない=「覗く」ことは、種村にとって主題のひとつでした。

中村宏(1932-)の《円環列車・B ── 飛行する蒸気機関車》は、覗き、覗かれる関係が入れ子になった作品。女学生が望遠鏡で覗いている景色が、同じ画面に描かれています。

伝・粟生屋源右衛門(1797-1863:江戸後期の久谷の陶工)による《覗絡繰》は、直接的に「覗く」作品。小さな穴から覗くと、中には宴を催す人物が。陶製の箱は密封されており、制作方法は現在も解明されていません。


第2章「夢の覗き箱」

第4章は「魔術的身体」。「魔術的リアリズム」と、身体表現における「ねじれ」を紹介します。

ハンス・ベルメールの写真に出会って衝撃を受け、球体関節人形の制作をはじめた四谷シモン(1944-)。初期の作品とともに、本展にあわせた新作の人形も紹介されました。

カール・ハイデルバッハ(1923-1993)は、本国のドイツでもほとんど知られていない画家。顔が欠落した人形について、種村は「いわば静物(死物)と化した人間の部分だ」と評しています。


第4章「魔術的身体」

第5章は「顛倒(てんとう)の解剖学」。種村は「主流」や「中心」の真逆にある「贋」「反」「虚」を好んで評論しました。

かぼちゃ、人間、建築物が一体になった作品を描くトーナス・カボチャラダムス(1944-)は、門司在住の日本人(川原田 徹)。種村は門司にある「カボチャドキア王国」を訪れ、親しみをもって探検記としてまとめています。

奇怪な風景や肉体を精密に描写した作品は、ウイーン幻想派のエルンスト・フックス(1930-)。種村の初めての美術評論は、1969年の「みづゑ」誌で連載した「夢幻の森の呪術師たち」で、この中でフックスらのウィーン幻想派を取り上げました。


第5章「顛倒の解剖学」

種村の評論に励まされた美術家は多く、なかにはアトリエに種村の肖像写真を置き、その視線に曝される事で、種村に恥ずかしくない仕事をする事を心がけている人もいるそうです。

出展作には個人蔵も多く、初公開の作品も多数。また、著作権の関係でこのコーナーではご紹介できない優品もいくつかあります(マックス・エルンスト、フリードリヒ・シュレーダー=ゾンネンシュターン、ホルスト・ヤンセン等々)。板橋区立美術館だけでの単独開催ですので、お見逃しなく。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年9月9日 ]

種村季弘の眼 迷宮の美術家たち

柿沼 裕朋 (編集), 板橋区立美術館 (編集)

平凡社
¥ 2,160


■種村季弘の眼 に関するツイート


 
会場板橋区立美術館
開催期間2014年9月6日(土)~10月19日(日)
所在地 東京都板橋区赤塚5-34-27
TEL : 03-3977-1000(テレホンサービス)
HP : http://www.itabashiartmuseum.jp/art/
展覧会詳細へ 種村季弘の眼 迷宮の美術家たち 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社