インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  「たばこと塩の博物館」が移転リニューアル

「たばこと塩の博物館」が移転リニューアル

■お引越しで、さらにパワーアップ
2013年9月から移転のため休館していた「たば塩」こと「たばこと塩の博物館」。装いも新たに、スカイツリー近くの墨田区にリニューアルオープンいたしました。
1978年、日本専売公社(現・日本たばこ産業株式会社)によって、渋谷区公園通りに開館した「たばこと塩の博物館」。専売品であった「たばこ」と「塩」の歴史と文化に関するテーマを中心に紹介し、35年に渡って多くの人に愛されてきました。

ただ、長期にわたる活動で収集した資料の収蔵スペースが逼迫。常設展示室の面積も不足してきたため、移転リニューアルされる事になりました。渋谷の旧館は2013年秋に閉館、工事による長期休館を経て、いよいよ東京スカイツリー近くの墨田区にリニューアルオープンを果たしました。


立地は東京スカイツリーの近く。渋谷にもあったシンボルモニュメントは、入口でお客様をお迎えします。

早速、館内をご案内しましょう。1階はエントランスホールやミュージアムショップ、ワークショップルームなど。5階に多目的スペース、4階に図書閲覧室が設けられ、3階と2階でそれぞれ「たばこ」と「塩」が解説されます。

3階の常設展示室は「たばこの歴史と文化」。アメリカ大陸で誕生し、世界中に広まっていったたばこを「たばこ文化の発生と伝播」「世界のたばこ文化」「江戸時代のたばこ文化」「近現代のたばこ文化」の4つのコーナーで紹介します。

展示室入口は、メキシコ・パレンケ遺跡「十字の神殿」の一部を現地職人が再現したコーナーから。右側の「たばこを吸う神」は、たばこの資料としては最古のものになります。

地域によって特徴がある世界の喫煙具や、江戸時代の本所(現在の墨田区)界隈のたばこ屋さんの再現など、展示物はバラエティ豊か。明治から現代までの日本のたばこが並ぶ「メディアウォール」はパネルに触ると時代背景やエピソードが現れ、懐かしの広告も見ることができます。


3階「たばこの歴史と文化」

2階の常設展示室は「塩の世界」。こちらは「生命をささえる塩」を導入に「世界の塩資源」「日本の塩づくり」「塩のサイエンス」の3コーナーで、人や動物が生きていく上で欠かせない塩について解説されます。

奥に進むと、岩塩でできた彫刻も展示されています。ポーランド・ヴィエリチカ岩塩坑(世界遺産)で坑夫たちに信仰されている「聖キンガ像」で、特別許可を得てヴィエリチカの岩塩を用いて現地の職人が制作しました。ちなみに土台や床も、すべて岩塩でできています。

海水を煮詰めて塩をつくるのが、日本の塩づくりの特徴。展示室には、能登半島で約50年にわたって実際に使われていた「釜屋」も移築・再現されました。

楽しい展示が「塩のサイエンス」の装置。塩が入っている容器を台に置くと、塩の原料や産地、製法、種類などが表示されます。置いた容器をダイヤルのように回す事でいろいろな情報が現れますので、試してみてください。


2階「塩の世界」

今回のリニューアルで、常設展示室や特別展示室は約2倍に。前にも増して充実の内容になりましたが、入館料は大人・大学生が100円、小・中・高校生が50円と極めてリーズナブルです。

今後は特別展や講演会・講座・映画上映会などのイベントも開催されるとの事。期待したいと思います。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年4月24日 ]

ぶらぶら美術・博物館 プレミアムアートブック2015-2016ぶらぶら美術・博物館 プレミアムアートブック2015-2016

DVD&ブルーレイでーた編集部 (編さん)

KADOKAWA/エンターブレイン
¥ 1,350


■たばこと塩の博物館 に関するツイート


 
会場たばこと塩の博物館
開催期間2015年4月25日(土)リニューアルオープン
所在地 東京都墨田区横川1-16-3
TEL : 03-3622-8801
HP : http://www.jti.co.jp/Culture/museum/
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社