インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  舟越保武彫刻展 まなざしの向こうに

舟越保武彫刻展 まなざしの向こうに

■初めて石に挑んだ練馬で開催中
【会期終了】 キリスト教にまつわる聖人や、大理石の美しい女性像などで知られる、具象彫刻家の舟越保武(1912-2002)。最初期の塑像から半身が不自由になった晩年まで約60点の彫刻と、未公開作品を含む多数のドローイングを紹介する企画展が、練馬区立美術館で開催中です。
舟越保武は岩手生まれ。東京美術学校(現・東京藝術大学)時代には、同級だった佐藤忠良らとともに、練馬のアトリエ付き長屋に住んでいました。

後に石彫の作家として知られるようになった舟越が初めて石の彫刻を作ったのも練馬で、その作品《隕石》から展覧会は始まります。

戦時中は郷里に疎開しますが、長男が幼くして病死するという悲運も。その影響もあり、家族全員でカトリックの洗礼を受けました。会場には、亡くなったばかりの長男を描いたスケッチも展示されています。


第1章「彫刻への憧れ ── 東京美術学校受験の頃から 1933年~1943年頃まで」 / 第2章「模索と拡充 ── 戦後 1945年頃~1958年頃まで」

2階に進むと、舟越の作品で最も良く知られている《長崎26殉教者記念像》が登場します。

豊臣秀吉の命令によって長崎で処刑された、26人のカトリック信者を現した作品。晴れ着を着て合掌しながら、やや上方を見上げ、足の甲が正面を向いているのは、昇天する姿を作ったためです。素描はポーズが異なるものもあり、綿密な検討のプロセスが見てとれます。


第3章「《長崎26殉教者記念像》 1958年頃~1962年まで」

その後も充実した創作を続けた舟越。《長崎26殉教者記念像》の序幕式の後に「島原の乱」の戦地である原城址を訪れ、迫害されたキリシタンに思いを馳せて作ったのが《原の城》です。この像は、ローマ法王に献上されています。

同じ頃に構想を進めていたのが《ダミアン神父》。自ら望んでハンセン病の患者と接し、病に侵されながら神の言葉を伝え続けたハワイの司祭を、病気が進んだ姿で制作しました。

この時期には、大理石による整った面立ちの女性頭像も数多く作っています。《原の城》《ダミアン神父》とは真逆ともいえる、包み込むような優しさが印象的です。


第4章「信仰と彫刻 ── 《原の城》・《ダミアン神父》の頃 1962年~1975年頃まで」

練馬展のメインビジュアルが《聖クララ》。イタリア・アッシジの聖フランチェスコ寺院を舟越が訪れた時、雨宿りで見たひとりの若い修道女がモデルとされています。

ただ、舟越の作品は、モデルの姿は記憶に残すのみ。モデルを前にしての制作は行いません。記憶の中の像を理想化して表現する事で、舟越の不変的な想いが形になっているのです。


第5章「静謐の美 ── 聖女たち 1975年~1986年頃まで」

1987年、脳梗塞で倒れた舟越。右半身が不自由になりますが、入院中から左手でデッサンを初め(もちろん従来は右利きでした)、退院後は車椅子で彫像の制作を再開。1998年まで、毎年彫刻作品を発表し続けました。

左手での作品は、荒々しい仕上がりながらも、ボリュームの捉え方は巧みで、削ぎ落とされた凄味すら感じるものばかり。次男で同じく彫刻家の舟越桂氏は「ああ、この作品を作るために父は倒れたのだ。ここへ行くためには、右手の自由を失うことが必要だったのだ」と、図録に記しています。


第6章「左手による彫刻 ── 最後の出品作品まで 1987年~1998年まで」

2002年に舟越保武は90歳で死去。亡くなった2月5日は、「日本26聖人」が長崎で殉教した、まさにその日でした。

全国巡回の本展。岩手県立美術館郡山市立美術館と進み、練馬区立美術館が最後の会場です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年8月18日 ]

舟越保武―まなざしの向こうに舟越保武―まなざしの向こうに

舟越 保武 (著)

求龍堂
¥ 2,700

 
会場練馬区立美術館
開催期間2015年7月12日(日)~9月6日(日)
所在地 東京都練馬区貫井1-36-16
TEL : 03-3577-1821
HP : http://www.neribun.or.jp/museum.html
展覧会詳細へ 舟越保武彫刻展 まなざしの向こうに 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
澄川喜一 そりとむくり'
澄川喜一
太田記念美術館「鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ―
鏑木清方と鰭崎英朋
目黒区美術館「越境者たち-BEYOND
越境者たち
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
未来と芸術
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
東京オペラシティ
白髪一雄
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
クラシックホテル展
クラシックホテル
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
モダンデザイン
エリアレポート 島根県立美術館「柳宗理デザイン 美との対話」
[エリアレポート]
柳宗理デザイン
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 静嘉堂文庫美術館「『鉅鹿』発見100年 ─ 磁州窯と宋のやきもの」
[エリアレポート]
磁州窯
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」
[エリアレポート]
バルセロナ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」
[エリアレポート]
関根正二
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社