インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  安田靫彦(ゆきひこ)展

安田靫彦(ゆきひこ)展

■東京国立近代美術館で40年ぶりの大回顧展
【会期終了】 横山大観、下村観山らの次の世代に属する日本画家・安田靫彦(1884-1978)。岡倉天心から直接の指導を受けた最後の世代にあたります。東京国立近代美術館では1976年に開催されて以来、ちょうど40年ぶりとなる大回顧展が同館で開催中です。
近代日本画の大家、安田靫彦。一般的には、切手になった《飛鳥の春の額田王》などで知られています。

同時期に活躍した今村紫紅と速水御舟は戦前に早世したのに対し、靫彦は94歳の長命に恵まれて長きに渡って活躍しました。美しい線や無駄のない構図など洋画とは違う日本画の特質は靫彦の画風と重なるため、現代の人が「日本画」と聞いてイメージするスタイルを確立させたのが靫彦ともいえます。

会場構成は年代順で、冒頭の作品を描いたのはなんと15歳。若くして極めて高い画力を身につけていた事が分かります。

最初の師匠が時代考証に厳しい小堀鞆音という事もあり、当初は徹底した写実だった靫彦。入門二年で鞆音から離れると、独創的な解釈の歴史画を目指していきます。


第1章「歴史画に時代性をあたえ、更に近代感覚を盛ることは難事である│1899-1923」

一時は病臥に伏せていた靫彦ですが、大正末に健康を回復。古典作品からも刺激を受けて、精力的に創作を進めます。

この章の注目は、瀕死のヤマトタケルを描いた《居醒泉》。第15回再興院展への出品作ですが、34年ぶりの展覧会出品となりました。簡潔な線描で描かれた人物に対し、周囲の植物は写実。絵画としての理想と写実的な表現について、バランスを模索していた時期の重要な作品です。

少年のような二神を描いた《風神雷神図》も、この時期の作品です。琳派で知られる風神雷神図に対し、靫彦は「鬼になる以前」を描いた、と語っています。


第2章「えらい前人の仕事には、芸術の生命を支配する法則が示されている│1924-1939」

1940年の「紀元2600年奉祝美術展」で審査員を務めた靫彦は、この時点で56歳。戦時色が強くなる中、当局の意図に沿った(つまり、戦意を高揚させるような)創作が期待される立場にいました。

展覧会フライヤーに使われている《黄瀬川陣》は、挙兵した源頼朝のもとに義経が参上した場面。「国家の難局に国民が馳せ参じる」との短絡的な解釈を
靫彦は明確に否定したそうですが、鑑賞者側がそれを意識した事は想像に難くないでしょう。

戦時を感じさせる直接的な作品としては《山本五十六元帥像》もあります。海軍に依頼された作品ですが、完成前に山本は戦死。写真を基にして描き、1944年の「戦時特別文展」に出品されました。


第3章「昭和聖代を表象するに足るべき芸術を培ふ事を忘れてはならない│1940-1945」

最終章は戦後の作品です。敗戦による価値観の変化で日本画や歴史画は非現実的と批判される事もあり、主題を変える画家も少なくありませんでしたが、靫彦は歴史画にこだわりました。代表作といえる作品も、この時期に描かれたものが多数あります。

《卑弥呼》は1968年、84歳の時の作品。《王昭君》《飛鳥の春の額田王》とあわせて「靫彦戦後の3大美女」とされています。

卑弥呼は邪馬台国の女王。邪馬台国の所在地については畿内と九州の二説がありますが、この作品は背景に阿蘇山を描いた畿内説に基づいたもの。4年後には畿内説に基づいた作品も描いています。


第4章「品位は芸術の生命である│1946-1978」

靫彦の作品は、美術はもちろん歴史の教科書に載っている事も多いため、画家の名前は知らずとも作品が記憶に残っている人は多いと思います。下図などを含まずに、本画だけで108点という大規模展。同時開催中の所蔵作品展「春らんまんの日本画まつり」とあわせ、日本画の真髄をお楽しみください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年3月22日 ]

「安田靫彦展」公式図録の通信販売はこちら
  →http://shop.asahi.com/eventplus/7.1/CTB15018/


※会期中、一部作品の展示替えがあります


料金一般当日:1,400円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東京国立近代美術館
開催期間2016年3月23日(水)~5月15日(日)
所在地 東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://yukihiko2016.jp/
展覧会詳細へ 安田靫彦(ゆきひこ)展 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社