インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展

オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展

■「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」が初来日
【会期終了】 世界でも有数のルノワール・コレクションを誇るオルセー美術館とオランジュリー美術館から、ルノワールの傑作が多数集結。注目はルノワールの印象派時代の最高傑作として名高い《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》。待望の初来日です。
印象派の巨匠、ピエール・オーギュスト・ルノワール(1841-1919)。日本でも抜群の人気があり、国内の美術館に所蔵されている作品は、それぞれが館の看板的な存在です。モネと並んで、最も親しまれている近代西洋画家といえるでしょう。

本展は、オルセー美術館とオランジュリー美術館が所蔵するルノワールの名作を紹介する企画。パリでも両館の作品を見るにはセーヌ川を渡らなければなりませんが、同じ会場で楽しむ事ができるという、信じられないような贅沢な展覧会です。

展覧会は10章構成で、いきなり印象派の傑作《陽光のなかの裸婦(エチュード、トルソ、光の効果)》が登場。第2回印象派展に出品され、青みがかった肌の表現が「腐敗した肉体」という酷評を受けた事は有名です。


1章「印象派へ向かって」

本展を楽しみにしていた方は、やはりこれがお目当てでしょう。《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》は1876年の作品で、第3回印象派展に出品されました。

ムーラン・ド・ラ・ギャレットは、モンマルトルの丘の有名な大衆ダンスホール。日曜日には昼から真夜中まで、庭でダンスパーティーが開かれていました。木漏れ日の下でダンスに興じる人々は、どこまでも陽気。作品全体が朗らかなイメージに満ちています。

作品は131.5×176.5cmと、かなり大型。描かれた人物は、ルノワールの友人たちがモデルを務めています。


《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》

《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》を挟んで反対側には、《都会のダンス》と《田舎のダンス》が並んで展示されています。

両作はほぼ同じ寸法で、描かれたのも1883年と同時。一対の作品として制作されたものです。《都会のダンス》はユトリロの母であるシュザンヌ・ヴァラドン、《田舎のダンス》はルノワールの妻になるアリーヌ・シャリゴがモデル。男性は両作ともにルノワールの友人でジャーナリスト・小説家のポール・ロートです。

向い合せの《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》から7年。絵画のスタイルが大きく変容していったさまもよく分かります。


《都会のダンス》と《田舎のダンス》

「悲しい絵を描かなかった唯一の偉大な画家」とは、小説家のオクターヴ・ミルボーによるルノワール評ですが、確かにルノワールの作品からは、常に優しく温かいまなざしが感じられます。

そんなルノワールにとって、友人や顧客から頼まれて描いた子どもの肖像はお手のもの。さらに自身は子どもに恵まれたのが遅かった事から(三男クロードが生まれた時、ルノワールは60歳!)晩年まで子どもに囲まれて過ごしました。その時々のスタイルで、愛らしい子どもの作品を描いています。


6章「子どもたち」

展覧会の最終章は裸婦です。印象派の後に古典的な形態把握の探求に戻ったルノワールにとって、裸婦を手掛けるのは必然。ベルト・モリゾにも「芸術に不可欠な形式のひとつ」と語っています。

ルノワールが敬愛していたティツィアーノ《ウルビーノのヴィーナス》へのオマージュと思われるのが、並んで展示されている横長の裸婦像二点。それぞれ本来はオルセーとオランジュリーの所蔵のため、比較して見られるのは本展のみです。

会場最後の《浴女たち》は、最晩年の大作。麻痺が進み不自由な身体になりながら描いた作品ですが、明るく華やかな色彩で生命力に満ちあふれています。


10章「裸婦」

ゴールデンウイーク前から始まった展覧会で会期は4ケ月のロングランですが、いよいよ最終盤。巡回せずに国立新美術館だけでの開催です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年4月26日 ]

ルノワールへの招待ルノワールへの招待

朝日新聞出版 (編集)

朝日新聞出版
¥ 1,728

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■国立新美術館 ルノワール展 に関するツイート


 
会場国立新美術館
開催期間2016年4月27日(水)~8月22日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://renoir.exhn.jp/
展覧会詳細へ オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社