インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  開館50周年記念 美の祝典Ⅲ― 江戸絵画の華やぎ

開館50周年記念 美の祝典Ⅲ― 江戸絵画の華やぎ

■今と同じ?世論に敗れた権力者
【会期終了】 3期に分けて開催されていた出光美術館の開館50周年記念展「美の祝典」、第三部は江戸絵画がテーマです。長い戦乱の世を経て徳川が治める太平の時代になると、社会の安定とともに東西の交流が活発になり、我が国の芸術文化は飛躍的に発展していきました。浮世絵から江戸琳派まで、江戸絵画の諸相を展観します。
華やかな作品が並ぶ第三部、まずは肉筆浮世絵からご紹介します。襟元に風を送る色っぽい女性像は、重要文化財《更衣美人図》。美人画の第一人者、喜多川歌麿の作品です。双幅の《春秋二美人図》は葛飾北斎、柔和な表現で並んだふたりは、歌川豊春の門人だった歌川豊広による《真崎稲荷参詣図》です。

鳥文斎栄之は、画業の後半は主に肉筆を好んで手掛けた浮世絵師です。作風は気高く、何を描いても実に上品。旗本出身という異色の経歴が関係しているのかもしれません。


肉筆浮世絵も逸品が

今回も屏風が多数出展されています。重要文化財の《祇園祭礼図屏風》をはじめ、二条城を左隻中央に配した典型的な構図の《洛中洛外図屏風》、異様な南蛮人に加え動物もユニークな《南蛮屏風》など、見ごたえたっぷりです。

《江戸名所図屏風》は、2015年に重要文化財に指定されたばかり。江戸時代初期に描かれた作品で、この種の屏風としては最初期の作品になります。画面を覆いつくす人々はどの顔も生気にあふれており、賑やかな江戸の姿を今に伝えます。


豪華な屏風が並びます

国宝「伴大納言絵巻」はエンディングにあたる下巻です。中巻で描かれた子どもの喧嘩がきっかけになって、伴大納言の疑惑は拡大。噂が人々によって広まり、ついに朝廷まで。伴大納言は逮捕されてしまいます。世論に押されるかたちで権力者が失墜するさまは、何やら現代の世相と似ているようにも思えます。

大納言の家は絶望感につつまれ、涙ながらに見送る人の姿も。伴大納言自身の姿は描かれていませんが、ちらりと見える袖からは寂寥感が漂います。


国宝《伴大納言絵巻》(下巻)

大きな展示室では、酒井抱一の作品がずらり。酒井抱一は姫路藩主の弟という名門の家柄ですが、、尾形光琳に私淑し江戸で琳派を再興した絵師。もし抱一がいなければ、日本的な美の象徴とも讃えられる琳派の系譜は断絶していたかもしれません。

銀地を背景にした《紅白梅図屏風》は、まるで現代美術のよう。《風神雷神図屏風》は先行する作品よりユニークさが強調されています。《十二ヵ月花鳥図貼付屏風》も、動植物の描写が実に見事。動画では見えにくいですが、両隻に月と日が対照的にあしらわれていますので、ぜひ会場でお楽しみください。


琳派の大功労者、酒井抱一

やまと絵を紹介した第一部、水墨画・文人画にスポットを当てた第二部と、これまでも逸品が続々と展示されてきましたが、風神雷神図をはじめとしたこのラインナップを待っていた方も多いのではないでしょうか。今回も会期は短く、ほぼ1カ月。一般的に、企画展は後半のほうが混雑します。お早目にどうぞ。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年6月16日 ]

古代史から解く伴大納言絵巻の謎古代史から解く伴大納言絵巻の謎

倉西 裕子 (著)

勉誠出版
¥ 2,592


■出光美術館 美の祝典 に関するツイート


 
会場出光美術館
開催期間2016年6月17日(金)~7月18日(月・祝)
所在地 東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/
展覧会詳細へ 開館50周年記念 美の祝典Ⅲ― 江戸絵画の華やぎ 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社