インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」

ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」

■16人の漫画家が描く、16通りのルーヴル
【会期終了】 世界最高峰の美術の殿堂・ルーヴル美術館が欲しがった9番目の芸術は、漫画でした。16人の著名な漫画家が16通りのルーヴルを表現するというユニークな展覧会が、森アーツセンターギャラリーで開催中です。
ルーヴル美術館と漫画。やや意外に思える組み合わせですが、日本にマンガ、米国にコミック(アメコミ)があるように、フランス語圏はバンド・デシネ(BD)という漫画文化が発達しており、日本とは異なる形態ではありますが、独自の表現芸術として確立しています。

2005年から始まった「ルーブル美術館BDプロジェクト」では、漫画でルーヴル美術館を表現した作品が発表されており(現在も継続中)、今回は描き下ろしも加えて16人の作品を紹介。日本人が7人、他が9人という構成です。

展覧会はオープニング映像の後、漫画につつまれた「サモトラケのニケ」(レプリカ)が出迎える第1章から。ここではルーヴル美術館の表の顔に焦点を当てた5作品が紹介されています。フランスを中心にヨーロッパで評価が高い日本の谷口ジローは、この章です。


第1章「The Great LOUVRE ~偉大なるルーヴル美術館~」

第2章は「Welcome to a Parallel World ~ようこそ、異次元の世界へ~」。どこかに存在するかもしれない異次元のストーリーで描く作品、6点です。

展覧会の見どころのひとつが、凝った会場構成。順路を進むにつれて異なった空間があらわれ、作品の世界観をドラマチックに演出します。

カルト的な人気を誇る荒木飛呂彦は、この章。ルーヴル美術館所蔵のミケランジェロ《瀕死の奴隷》と、荒木が描いたキャラクターを対比させた展示はユニークです。


第2章「Welcome to a Parallel World ~ようこそ、異次元の世界へ~」

最後はルーヴル美術館と名作の普遍性に焦点をあてた第3章。坂本眞一はモナリザ、五十嵐大介はサモトラケのニケをテーマにしています。

各章の間では、ルーヴル美術館の名作や、マンガとBDの違いを紹介するコーナーも。「フランスでの漫画の売り上げの3割は日本のマンガ」されるほど日本のマンガが受け入れられているフランスですが、マンガとBDは紙の質・製作スピード・売られている場所までかなりの差異がある事も説明されています。


第3章「Beyond time and space ~時空を超えて~」

電車の中で読む人が多いように、一般的に漫画はかなり早いスピードで読まれます。時間をかけて鑑賞する美術展とは対極ともいえますが、今回展示されているのは美術館で鑑賞するに相応しい作品ばかりです。建築、彫刻、絵画、音楽、文学(詩)、演劇、映画、メディア芸術(諸説あり)に次ぐ「9番目の芸術」である漫画を、じっくりとお楽しみください。

東京展は9月25日(日)まで。次いで大阪・福岡・名古屋に巡回します。会場と会期はこちらをご覧ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年7月21日 ]

美術手帖8月号増刊 「バンド・デシネ」のすべて美術手帖8月号増刊 「バンド・デシネ」のすべて

美術手帖編集部 (編集)

美術出版社
¥ 1,620

料金一般当日:1,800円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■ルーヴルNO.9 に関するツイート


 
会場森アーツセンターギャラリー
開催期間2016年7月22日(金)~9月25日(日)
所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://manga-9art.com/
展覧会詳細へ ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社