インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画

世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画

■秋田で生まれた革命的画法
【会期終了】 手前は極端に大きく、陰影を強調。後ろには遠景をぼかして描き、独特の空間構成は見る人に奇妙な感覚を抱かせます。東洋と西洋の美をブレンドした革命的な画法は、江戸からも京都からも遠く離れた秋田で生まれました。
秋田蘭画の中心人物が、秋田藩士の小田野直武(おだのなおたけ・1749-1780)。若い頃から画才豊かで、初期に描いた絵馬からも高い技術が伺えます。狩野派に学んだほか、浮世絵風の作品も伝わっています。

ただ、初期の作品は、さほど独自性は感じられません。直武の運命を変えたのが平賀源内との出会いでした。


第1章「蘭画前夜」

平賀源内は、日本のダ・ヴィンチと称される多彩の人。江戸に派遣された直武は、源内との交友を通じて西洋の学問=蘭学に触れ、大いに刺激を受けました。

源内も直武の才能を認め、『解体新書』の挿絵を描くことに抜擢。教科書で知られる『解体新書』の表紙は、直武が描いたものです。

南蘋(なんぴん)派の影響も忘れてはなりません。長崎に来航した中国人画家・沈南蘋(しんなんぴん)がもたらした写実的な画風は、当時の画壇に大きな影響を与え、直武は南蘋派の宋紫石(そうしせき)から技法を学びました。

蘭学から西洋画を、南蘋派から東洋絵画を身に着けた直武。双方の特性を理解した上で辿り着いた先が、秋田蘭画でした。


第2章「解体新書の時代~未知との遭遇~」、第3章「大陸からのニューウェーブ~江戸と秋田の南蘋派~」

展覧会のメインが、第4章の「秋田蘭画の軌跡」。直武や、秋田藩主の佐竹曙山(しょざん)、角館城代の佐竹義躬(よしみ)らによる秋田蘭画の傑作の数々が紹介されています。

佐竹曙山は第8代の秋田藩主。書画は武家の嗜みなので、絵が上手い大名もいますが、佐竹曙山は格別です。よほど絵が好きだったようで、日本で初めて西洋画論を書いたのもこの人です。佐竹義躬も絵画や俳諧に明るく、直武が角館出身という事もあって親しく交流していました。

写実的なモチーフ、強いコントラスト、奇妙な構図。美術史上の主流作品を見慣れた私たちからすると、どこか居心地が悪いようにも感じますが、これが秋田蘭画の最大の魅力です。


第4章「秋田蘭画の軌跡」

「美術史上の主流」と書きましたが、逆に秋田蘭画は、美術史的には異端として終焉します。直武は謹慎を命じられ、32歳(数え)で死去。平賀源内も同じころに獄死、佐竹曙山も少し後に亡くなり、秋田蘭画の主要人物はいなくなってしまいました。

直武から学んだのは、司馬江漢。ただ江漢は、秋田蘭画の枠のみに留まらず、銅版画や油彩画まで手掛けています。

忘れられた秋田蘭画に再び光が当たったのは、20世紀になってからです。秋田生まれの日本画家、平福百穂(ひらふくひゃくすい)が「日本洋画曙光」を著した事で、ようやく再評価がはじまりました。


第5章「秋田蘭画の行方」

展覧会サブタイトルの「世界に挑んだ7年」は、1773年に直武が平賀源内が待つ江戸に出てから、1780年に亡くなるまでの7年間。その輝きは短い期間でしたが、強烈な個性は現代の私たちにも響きます。

展覧会メインビジュアルの重要文化財《不忍池図》(秋田県立近代美術館蔵)は、12月12日(月)までの展示。描かれたポイント(上野・不忍池)は、最近ではミニリュウの巣(ポケモンGO)としても有名です。

※会期中に展示替えがあります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年11月15日 ]

秋田蘭画の近代―小田野直武「不忍池図」を読む秋田蘭画の近代―小田野直武「不忍池図」を読む

今橋 理子 (著)

東京大学出版会
¥ 7,020


■小田野直武と秋田蘭画 に関するツイート


 
会場サントリー美術館
開催期間2016年11月16日(水)~2017年1月9日(月・祝)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4  東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ 世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社