インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  日本画の教科書 京都編 ―栖鳳、松園から竹喬、平八郎へ

日本画の教科書 京都編 ―栖鳳、松園から竹喬、平八郎へ

■京都画壇の逸品がずらり
【会期終了】 日本画の専門美術館として開館50周年を迎えた山種美術館。コレクションを代表する日本画を厳選し、近代日本美術史を語るうえで欠かせない名画ばかりを紹介する展覧会が開催中です。「日本画の教科書」第一弾は京都編。会場には2点の重要文化財をはじめ、明治時代から現代までの逸品が並びます。
京都編と、4月16日から始まる東京編で構成される「日本画の教科書」。京都編で冒頭に展示されている重要文化財の竹内栖鳳《班猫》は、山種美術館のアイコンといえる人気者です。

動物画の名手で、匂いまで描くといわれた栖鳳。モデルになった猫は、栖鳳が沼津に滞在していた時に、八百屋の店先で見つけた猫。その姿に、中国南宋時代の徽宗皇帝の描いた猫を想い、譲り受けて京都に持ち帰りました。

近寄って見ると、印象的な毛並みと目には金泥が使われている事が分かります。このポーズを取らせるために、背中に蜂蜜を塗ったというエピソードも伝わります。


重要文化財 竹内栖鳳《班猫》

「京都画壇の名品」ですので、もちろん村上華岳の《裸婦図》も登場。こちらも重要文化財です。

「裸婦」ではありますが、官能的というよりも、慈愛に満ちた宗教性のほうが強く表れているように思えます。華岳自身も「私はその眼に観音や観自在菩薩の清浄さを表わそうと努めると同時に、乳房のふくらみにも同じ清浄さをもたせたいと願った」と語っています。

先ほどの《班猫》もですが、山種美術館の展示はかなり作品に近寄って見ることができる事も特徴的。細部までじっくりとお楽しみください。


村上華岳《裸婦図》

大家は多いのですが、どうしても東京と比べると存在感が薄い京都画壇の中で、特別な存在といえるのが上村松園。女性として初めて文化勲章を受章した松園は、美人画の名手として知られて、「一点の卑俗なところもない」女性像を描きました。

会場には松園の子で同じく文化勲章を受章した上村松篁、松園の孫で文化功労者の上村淳之の作品も展示。親・子・孫と、三代続いて日本芸術院会員です。


上村松園・松篁・淳之の作品

次回展は4月16日から開催される「東京編」。横山大観、川合玉堂、菱田春草、安田靫彦、前田青邨、奥村土牛、東山魁夷らの作品が展示される予定です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年12月12日 ]

※掲載の作品はすべて山種美術館所蔵



■日本画の教科書 京都編 に関するツイート


 
会場山種美術館
開催期間2016年12月10日(土)~2017年2月5日(日)
所在地 東京都渋谷区広尾3-12-36
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.yamatane-museum.jp/
展覧会詳細へ 日本画の教科書 京都編 ―栖鳳、松園から竹喬、平八郎へ 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社