山中湖文学の森・三島由紀夫文学館

    山梨県

    「山中湖文学の森・三島由紀夫文学館」は、三島由紀夫の唯一の文学館として、自然豊かな山中湖畔に1999年(平成11)7月3日にオープンしました。直筆原稿、創作・取材ノート、書簡、絵画、写真資料、著書、研究書、翻訳書、雑誌、映画・演劇資料等を所蔵し、資料の収集、整理、保存に努めています。現在、所蔵資料の一部を展示し、映像や検索用パソコンからも、三島の劇的な生涯や三島文学のすばらしさにふれることができます。 当館の所蔵資料の特徴としては、三島が十代に執筆した作品の多いことです。今まで三島が学生時代にこれほど多くの作品を執筆していることはまったく知られていませんでした。当館の資料によって、初めてこのことが明らかになりました。そして、これらの十代の資料のなかには、小説、評論、詩歌、戯曲、書簡、創作ノートといった数多くの新資料が含まれ、不朽の名作を生み出した確かな源泉を汲み取ることができます。 2階には閲覧室があり、図書、雑誌等の閲覧、コピーサービスを行っています。
    住所 〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
    電話 0555-20-2655
    開館時間
    10:00~16:30(最終入館16:00)
    休館日
    毎週月・火曜日(祝祭日の場合はその翌日)、但しG.W.期間(4/28~5/6)は開館、12/29~翌年1/3、資料点検日(不定期)
    料金
    一般 500円(450円)/高・大学生 300円(250円)/小・中学生 100円(50円)/小学生未満 無料
    【障がい者】
    一般 250円/高・大生 150円/小・中学生 50円

    ※三島由紀夫文学館・隣接する徳富蘇峰館との両館共通チケットです。
    ※( )内は10名様以上の団体料金
    ※障害者の方は、障害者手帳をご提示ください。付添いの方は1名様まで割引料金となります。
    ※専門学生、短大生、大学生、大学院生の方は学生証をご提示ください。
    ※障害者手帳、学生証の提示が無い場合は、一般料金となります。
    館種
  • 歴史・人文
  • 設備
  • ミュージアムショップ
  • 駐車場
  • コインロッカー・クローク
  • バリアフリー対応
  • 車椅子貸し出し
  • アクセス
    【マイカー】山中湖I.C.から国道138号を御殿場方面へ4km

    【高速バス】中央高速バスで旭日丘バスターミナル下車徒歩15分

    【路線バス】富士吉田駅から25分/御殿場駅から40分「文学の森公園前」バス停下車徒歩5分
    公式サイト http://www.mishimayukio.jp/
    おすすめレポート
    学芸員募集
    やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
    埼玉県
    岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
    岐阜県
    【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
    東京都
    プラネタリウム解説員募集(堺市教育文化センター ソフィア・堺) [堺市教育文化センターソフィア・堺]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと121日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    開催中[あと16日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと72日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    もうすぐ終了[あと9日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと23日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)