川久ミュージアム

    和歌山県

    1989年、日本がバブル絶頂期に始動された「世界の数奇屋」を作るプロジェクトで建設された「ホテル川久」。 誰も見たことのない、中国、ヨーロッパ、イスラム、日本と、世界中の匠の技術を融合させた唯一無二の、夢の城。 30年のときを経て、「川久ミュージアム」として本格始動。 イタリア人職人の手によって敷き詰められた緻密な1,500㎡のローマンモザイクタイルの床、フランス人間国宝の手による壮大な22.5金の金箔ドーム天井、ロビー壁面には、ニューヨーク・メトロポリタン美術館の鑑定で2世紀頃にシリアのものと判明した貴重な鹿と豹のビザンチンモザイク画が埋め込まれています。 外壁には中国の紫禁城にのみ使用を許された鮮やかな「老中黄」の瑠璃瓦…。こうして、世界中のアーティストやアルチザンの匠の技を結集させた理想郷「ホテル川久」が完成しました。 1993年には、優れた建築作品と設計者に贈られる“村野藤吾賞”を受賞。館内外には、オーナーが集めた通常では美術館に展示されるような世界各国の作品の数々が、いたるところにちりばめられており、ここでは建築と融合する形で存在しています。 ホテルの貯蔵品 館内には創業当時よりインテリアから骨董、絵画まで世界各国で買い付けをしたアートの数々が眠っておりました。数百点に及ぶ作品を今回ミュージアムのオープンに伴い一挙公開いたします。  バリー・フラナガン氏によるうさぎのブロンズ像。煉瓦の壁面に見られる陶製の巣箱は 陶芸家、加藤元男氏の作品。  館内では、中国清代前期の七宝焼きや陶器、ダリ、シャガール、横山大観など、名だたる名画家の作品を一挙展示、公開いたします。 常設には、大理石やブロンズを使った大きな抽象彫刻で知られる20世紀のイギリスを代表する芸術家・彫刻家ヘンリームーア(1898- 1986)の作品が。 ヘンリームーアの作品の1大テーマである「母と子」はアフリカン・アートの思いやりや慈悲と、キリスト教のイメージとを融合させることにより、彼独自のスタイルを形成していきました。そんな巨大な抽象彫刻でも数多く見られる「母と子」を26点公開いたします。
    住所 〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町3745
    電話 0739-42-2662
    開館時間
    10:30~18:00 ※入場は閉館の30分前まで
    休館日
    年中無休
    料金
    一般 1000円(税込) 高校生・大学生 800円(税込)
    ※学生証の提示が必要です。 ※中学生以下は入場無料
    ※障害者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は入場無料
    アクセス
    公式サイト https://www.museum-kawakyu.jp/
    おすすめレポート
    学芸員募集
    奈文研 展示企画アソシエイトフェロー 募集 [奈良文化財研究所 展示企画室(奈良市二条町)]
    奈良県
    やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
    埼玉県
    会計年度任用職員(美術館学芸業務)を1名募集しています。 [下関市立美術館]
    山口県
    東京国立博物館アソシエイトフェロー(出版企画)募集 [東京国立博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと117日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと68日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    3
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    もうすぐ終了[あと12日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    4
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと19日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    5
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    もうすぐ終了[あと5日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)