ニュース
    23年ぶりの「モンドリアン展」 ― SOMPO美術館
    (掲載日時:2021年3月22日)

    SOMPO美術館「モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」会場
    SOMPO美術館「モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」会場

    オランダの画家、ピート・モンドリアンの(1872-1944)生誕150年を記念した展覧会が、SOMPO美術館で始まる。

    モンドリアンの作品は、初期のハーグ派様式の風景画、象徴主義や神智学に傾倒した作品、キュビスムの影響を受けて独自展開した作品、そして最もよく知られている晩年の水平垂直線と原色平面の「コンポジション」と、多岐にわたる。

    また「新造形主義」を主張し、ドゥースブルフなどの画家、建築家と共に1917年に「デ・ステイル」を結成し、雑誌が創刊された。

    展覧会ではオランダのデン・ハーグ美術館所蔵のモンドリアン作品50点、国内外美術館所蔵のモンドリアン作品と関連作家作品約20点を展示。

    「デ・ステイル」のプロダクトデザインを合わせて紹介し、モンドリアン芸術の広がりを再検証する。

    日本でのモンドリアン展は23年ぶりとなる。

    「モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」は2021年3月23日(火)~6月6日(日)、SOMPO美術館で開催。観覧料はオンラインチケットで一般 1,500円など。

    「モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」はSOMPO美術館で2021年1月6日(水)~1月28日(木)に開催。入館料は一般 800円など。


    SOMPO美術館「モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」会場
    SOMPO美術館「モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」会場

    SOMPO美術館「モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」会場
    SOMPO美術館「モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」会場

    ピート・モンドリアン 《 大きな赤の色面、黄、黒、灰、青色のコンポジション 》 1921 年 油彩、カンヴァス デン・ハーグ美術館 ©Kunstmuseum Den Haag
    ピート・モンドリアン 《 大きな赤の色面、黄、黒、灰、青色のコンポジション 》 1921 年 油彩、カンヴァス デン・ハーグ美術館 ©Kunstmuseum Den Haag

    ピート・モンドリアン《ダイフェンドレヒトの農家》1905年頃 デン・ハーグ美術館 ©Kunstmuseum Den Haag
    ピート・モンドリアン《ダイフェンドレヒトの農家》1905年頃 デン・ハーグ美術館 ©Kunstmuseum Den Haag

    このニュースに関連するミュージアム
    83
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    東京国立博物館 広報室 有期雇用職員募集中 [東京国立博物館]
    東京都
    【文化学園服飾博物館】学芸員アシスタント(アルバイト)募集 [文化学園服飾博物館]
    東京都
    静岡市東海道広重美術館【学芸員】【管理】募集中 [静岡市東海道広重美術館]
    静岡県
    奥州市牛の博物館 学芸調査員を募集中 [牛の博物館]
    岩手県
    展覧会ランキング
    1
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと38日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと38日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと10日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと10日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと10日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)