ニュース
    物流は経済の血液、江戸時代の宅配事情 ― 太田記念美術館で「はこぶ浮世絵」展
    (掲載日時:2022年9月30日)

    太田記念美術館「はこぶ浮世絵-クルマ・船・鉄道」会場
    太田記念美術館「はこぶ浮世絵-クルマ・船・鉄道」会場

    「運ぶ」をテーマに、江戸時代のさまざまな輸送の姿を描いた浮世絵、約65点を紹介する展覧会が、東京で始まる。

    江戸は江戸湾や隅田川などの水辺に囲まれ、街中には水路が縦横に張り巡らされており、舟運が人々の暮らしを支えたほか、樽廻船や菱垣廻船など諸国との海運も盛んだった。

    また陸路では東海道をはじめとした街道が整備され、物流はもちろん、庶民の間で盛んになった遠方への旅のルートともなった。

    展覧会では、これらの物流・交通の様子を生き生きと描いた歌川広重や葛飾北斎らの作品を紹介。

    また、鉄道開業150年を記念し、鉄道、馬車、人力車など、文明開化を彩る新しい輸送の様子が描かれた、明治時代の浮世絵も展示する。

    「はこぶ浮世絵-クルマ・船・鉄道」は太田記念美術館で2022年10月1日(土)~10月26日(水)に開催。入館料は一般 800円など。


    太田記念美術館「はこぶ浮世絵-クルマ・船・鉄道」会場
    太田記念美術館「はこぶ浮世絵-クルマ・船・鉄道」会場

    太田記念美術館「はこぶ浮世絵-クルマ・船・鉄道」会場
    太田記念美術館「はこぶ浮世絵-クルマ・船・鉄道」会場

    太田記念美術館「はこぶ浮世絵-クルマ・船・鉄道」会場
    太田記念美術館「はこぶ浮世絵-クルマ・船・鉄道」会場

    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    静嘉堂文庫美術館 学芸員募集 [静嘉堂@丸の内(美術館)東京都千代田区丸の内2-1-1 明治生命館 / 静嘉堂(展示会準備など)東京都世田谷区岡本2-23-1]
    東京都
    やなせたかし記念館の学芸員を募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    菊池寛実記念 智美術館 学芸員募集 [菊池寛実記念 智美術館]
    東京都
    新潟県職員(学芸専門員)を募集します(考古・民俗) [新潟県立歴史博物館]
    新潟県
    ★楽しく わかりやすく 伝える仕事★ 大阪市下水道科学館 広報担当者 募集! [【大阪市下水道科学館】大阪市此花区高見1丁目2-53]
    大阪府
    展覧会ランキング
    1
    上野の森美術館 | 東京都
    モネ 連作の情景
    開催中[あと57日]
    2023年10月20日(金)〜2024年1月28日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展―美の革命 ピカソ、ブラックから ドローネー、シャガールへ
    開催中[あと57日]
    2023年10月3日(火)〜2024年1月28日(日)
    3
    SOMPO美術館 | 東京都
    ゴッホと静物画―伝統から革新へ
    開催中[あと50日]
    2023年10月17日(火)〜2024年1月21日(日)
    4
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」
    開催中[あと85日]
    2023年10月28日(土)〜2024年2月25日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    永遠の都ローマ展
    もうすぐ終了[あと8日]
    2023年9月16日(土)〜12月10日(日)