ニュース
    ともにちょうど1世紀半 ― 東京ステーションギャラリーで「鉄道と美術の150年」展
    (掲載日時:2022年10月7日)

    東京ステーションギャラリー「鉄道と美術の150年」会場
    東京ステーションギャラリー「鉄道と美術の150年」会場

    明治5(1872)年に新橋─横浜間で鉄道が開業してから150周年を迎える事を記念して、日本全国約40カ所から集めた「鉄道美術」の名作や話題作など約150件を紹介する展覧会が、東京で始まる。

    鉄道が開通した明治5年は「美術」という語が初めて登場した年でもあり、鉄道と美術はともに150年の時を歩み続けてきたといえる。

    展覧会では、アメリカから1854年に贈られた蒸気機関車の模型を表した画巻から、日比野克彦が2021年にデザインした電車のヘッドマークまで、さまざまな作品を紹介。

    河鍋暁斎、小林清親、歌川広重(三代)などによる明治美術史上名高い作品のほか、五姓田義松、都路華香、赤松麟作、川上涼花、梶原緋佐子、長谷川利行、中村岳陵、香月泰男らの近現代鉄道絵画の傑作を展示。

    あわせて中村宏、立石大河亞、宮島達男、柳幸典、島袋道浩、Chim↑Pom from Smappa!Groupなどの現代アート作品や、淵上白陽、W. ユージン・スミス、大野源二郎、長野重一、本城直季らの写真も展示する。

    「鉄道と美術の150年」は東京ステーションギャラリーで2022年10月8日(土)~2023年1月9日(月・祝)に開催。入館料は一般 1,400円など。


    東京ステーションギャラリー「鉄道と美術の150年」会場
    東京ステーションギャラリー「鉄道と美術の150年」会場

    東京ステーションギャラリー「鉄道と美術の150年」会場
    東京ステーションギャラリー「鉄道と美術の150年」会場

    東京ステーションギャラリー「鉄道と美術の150年」会場
    東京ステーションギャラリー「鉄道と美術の150年」会場

    このニュースに関連する展覧会
    100
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    2022年10月8日(土)〜2023年1月9日(月)
    開催中[あと42日]
    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
    東京都
    はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
    広島県
    ECサイト運営担当募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    広報・PR担当リーダー募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    イベントやグッズなど企画マネージャー募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
    BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
    もうすぐ終了[あと13日]
    2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと83日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    3
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと20日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    開催中[あと69日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    開催中[あと55日]
    2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)