ニュース
    60年代ロンドンのモードを牽引 ― Bunkamura ザ・ミュージアムで「マリー・クワント展」
    (掲載日時:2022年11月25日)

    Bunkamura ザ・ミュージアム「マリー・クワント展」会場
    Bunkamura ザ・ミュージアム「マリー・クワント展」会場

    1950年代のロンドンでミニスカートを広め、60年代のストリートカルチャーを牽引したファッションデザイナー、マリー・クワント(1930-)が生み出した手がけたファッションを紹介する展覧会が、東京で開催される。

    マリー・クワント(MARY QUANT)はロンドン生まれ。1930年、ロンドン生まれ。エレガンスな装いが好ましいという考え方や、貴族/労働者など階級意識に縛られた価値観を打ち破り、モデルのツイッギーやビートルズと共に、60年代イギリス発の若者文化「スウィンギング・ロンドン」を牽引。

    ミニスカートやタイツなど、今では当たり前になっているファッションアイテムを広く浸透させた。

    広く知られているコスメラインのデイジーマークは、ブランドロゴの先駆けといえ、優れた女性起業家としても再評価が進んでいる。

    展覧会にはヴィクトリア・アンド・アルバート博物館から約100点の衣服が来日。小物や写真、映像なども含め、1955年から75年にかけてマリー・クワントのデザイナーとしての活動、時代を切り開いた起業家としての歩みを辿る。

    展覧会はイギリスで先行して開催されており、その時は約40万人を動員する大ヒット展となった。

    「マリー・クワント展」はBunkamura ザ・ミュージアムで2022年11月26日(土)~2023年1月29日(日)に開催。入館料は当日券が一般 1,700円など。

    Bunkamura ザ・ミュージアム「マリー・クワント展」会場
    Bunkamura ザ・ミュージアム「マリー・クワント展」会場

    Bunkamura ザ・ミュージアム「マリー・クワント展」会場
    Bunkamura ザ・ミュージアム「マリー・クワント展」会場

    Bunkamura ザ・ミュージアム「マリー・クワント展」会場
    Bunkamura ザ・ミュージアム「マリー・クワント展」会場

    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    佐賀県立宇宙科学館 科学コミュニケーター募集! [佐賀県立宇宙科学館]
    佐賀県
    岩国市科学センター任期付職員(学芸員)募集 [岩国市科学センター]
    山口県
    東京国立近代美術館企画課 研究補佐員(企画展)公募 [東京国立近代美術館 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    清水三年坂美術館 学芸員募集 [清水三年坂美術館]
    京都府
    展覧会ランキング
    1
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと40日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと40日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと12日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと12日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと12日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)