ニュース
    モネの代表作が一堂に ― 「モネ 連作の情景」展、東京と大阪で10月から開催
    (掲載日時:2023年9月6日)

    「モネ 連作の情景」展 記者発表 ナビゲーターの芳根京子さん
    「モネ 連作の情景」展 記者発表 ナビゲーターの芳根京子さん

    印象派の巨匠、クロード・モネ(1840-1926)の代表作60点以上が一堂に会す展覧会が東京と大阪で開催されることとなり、都内で記者発表が行われた。

    モネは柔らかい色使いとあたたかい光の表現を得意とし、自然の息遣いが感じられる作品を数多く制作。日本人に一番親しまれている画家の一人といえる。

    モネは同じ場所やテーマを異なる角度、異なる時間、異なる季節を通して描いた「連作(シリーズ)」で知られており、展覧会では、モネの「連作」に焦点を当てながら、時間と光とのたゆまぬ対話を続けた画家の生涯を辿る。 展覧会では、日本初公開となる人物画の大作《昼食》(シュテーデル美術館蔵)をはじめ、国内外40館以上から60点以上が集結。会場はすべてモネの作品で構成される。

    展覧会は「印象派以前のモネ」「印象派の画家、モネ」「テーマへの集中」「連作の画家、モネ」「『睡蓮』とジヴェルニーの庭」の5章構成。

    展覧会のナビゲーターには、俳優の芳根京子さんが就任。モネの絵が大好きという芳根さんは、モネのゆかりの地であるフランスも訪問。「アートは難しいものではなく、絵から溢れてくる感情に間違いはない。フランスでモネの絵を見たのはわずか4日間だったが、とても人生が豊かになった。皆さんにもそんな思いをしてもらえれば」と、展覧会をPRした。芳根さんは初めて展覧会の音声ガイドも務める。

    「モネ 連作の情景」は、上野の森美術館で2023年10月20日(金)~2024年1月28日(日)、大阪中之島美術館で2024年2月10日(土)~5月6日(月・休)に開催。入館料は、東京展は一般が平日 2,800円、土・日・祝が 3,000円。大阪展は 2,500円。


    おすすめレポート
    学芸員募集
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【公益財団法人札幌市芸術文化財団】 学芸員(正職員)募集中! [札幌芸術の森美術館 他]
    北海道
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    兵庫県立美術館 学芸員(育休代替職員)募集中! [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    国立西洋美術館 事務職員(育児休業代替)募集 [国立西洋美術館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと102日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと33日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    3
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと90日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    4
    国立西洋美術館 | 東京都
    内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙
    開催中[あと61日]
    2024年6月11日(火)〜8月25日(日)
    5
    細見美術館 | 京都府
    美しい春画-北斎・歌麿、交歓の競艶-
    開催まであと74日
    2024年9月7日(土)〜11月24日(日)