ニュース
    日本×黒人の新しい美学「アフロ民藝」とは? ─ 森美術館で「シアスター・ゲイツ展」
    (掲載日時:2024年4月23日)

    森美術館「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」    
    森美術館「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」

    彫刻と陶芸作品を中心に、建築、音楽、パフォーマンス、ファッション、デザインなど、メディアやジャンルを横断する活動で国際的に高く評価されているアーティスト、シアスター・ゲイツ(1973-)の作品を紹介する大規模な展覧会が、東京で始まる。

    ゲイツは米国シカゴ生まれのアフリカ系アメリカ人。彫刻と都市計画の教育を受け、2004年には愛知県常滑市で陶芸を学ぶために初来日。以来20年以上にわたって、陶芸をはじめとする日本文化の影響を受けてきた。

    展覧会では、アメリカの公民権運動の一翼を担ったスローガン「ブラック・イズ・ビューティフル」と日本の「民藝運動」の哲学とを融合した、独自の美学を表す言葉としてゲイツが提唱する「アフロ民藝」をテーマに、過去の代表作から新作までを一堂に展示。

    作品の背景にある黒人史や黒人文化と併せて包括的に紹介し、領域を横断する多彩な作品群を通して、黒人文化の今日的な重要性や意義も示していく。

    「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」は森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)で、2024年4月24日(水)〜9月1日(日)に開催。観覧料は一般が平日 2,000円、土・日・休日 2,200円など。


    森美術館「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」
    森美術館「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」

    森美術館「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」    
    森美術館「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」

    森美術館「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」    
    森美術館「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」

    森美術館「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」    
    森美術館「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」

    森美術館「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」    
    森美術館「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」

    このニュースに関連する展覧会
    2024年4月24日(水)〜9月1日(日)
    開催中[あと106日]
    このニュースに関連するミュージアム
    55
    森美術館
    東京都
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【パート】神戸海洋博物館 運営スタッフ 募集! [神戸市中央区波止場町2-2(神戸海洋博物館)]
    兵庫県
    刀剣博物館  受付・販売スタッフ募集 [刀剣博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと29日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと140日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと22日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと22日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    開催中[あと15日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)