ニュース
    華やかな障壁画に吉岡里帆さんもうっとり ー 2025年1月に東京国立博物館で「旧嵯峨御所 大覚寺」展が開催
    (掲載日時:2024年7月4日)

    特別展「旧嵯峨御所 大覚寺」報道発表会より (左から)浅見龍介(東京国立博物館副館長)、伊勢俊雄(旧嵯峨御所大本山大覚寺執務長)、吉岡里帆(展覧会PR大使・音声ガイドナビゲーター)
    特別展「旧嵯峨御所 大覚寺」報道発表会より (左から)浅見龍介(東京国立博物館副館長)、伊勢俊雄(旧嵯峨御所大本山大覚寺執務長)、吉岡里帆(展覧会PR大使・音声ガイドナビゲーター)

    京都・嵯峨にある古刹、大覚寺の名宝を紹介する展覧会が東京で開催されることになり、都内で記者発表が行われた。

    嵯峨は京都北西に位置し、古くから風光明媚な王朝貴族遊覧の地として知られ、平安時代初期に嵯峨天皇が離宮・嵯峨院を造営。その後、貞観18年(876)に寺に改められて大覚寺となった。

    展覧会は、2026年で大覚寺が開創1150年を迎えることを記念した企画。

    大覚寺には安土桃山〜江戸時代に制作された狩野山楽の代表作など、障壁画(一括して重要文化財に指定)が多数伝来しており、展覧会では前後期あわせて123面を展示(撮影可能)。

    平安時代後期の仏像の最高傑作のひとつである、明円作「五大明王像」(本尊)は、初めて5体そろって東京で公開される。

    通常非公開の重要文化財「正寝殿(客殿)」のうち、歴代門跡の執務室であった「御冠の間」は展示室内に再現される。

    展覧会のPR大使には、俳優の吉岡里帆さんが就任。京都府出身の吉岡さんは 「大覚寺は家も近く、小学校の時に絵を描きに行った思い出深い場所。四方が障壁画に囲まれる展示室ができるというので、とても楽しみ」と展覧会をピーアール。吉岡さんは音声ガイドナビゲーターも務める。

    開創1150年記念 特別展「旧嵯峨御所 大覚寺 -百花繚乱 御所ゆかりの絵画-」は、2025年1月21日(火)〜3月16日(日)、東京国立博物館 平成館で開催。観覧料は未定。

    特別展「旧嵯峨御所 大覚寺」報道発表会より 吉岡里帆(展覧会PR大使・音声ガイドナビゲーター)
    特別展「旧嵯峨御所 大覚寺」報道発表会より 吉岡里帆(展覧会PR大使・音声ガイドナビゲーター)


    このニュースに関連する展覧会
    2025年1月21日(火)〜3月16日(日)
    開催まであと182日
    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    福岡市美術館 市職員(文化学芸職)募集 [福岡市美術館]
    福岡県
    【急募】ながのこども館ながノビ! オープニングスタッフ募集 [ながのこども館 ながノビ!]
    長野県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと74日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと62日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと62日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと5日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    東京都 | 東京都
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと101日
    2024年11月1日(金)〜2025年2月2日(日)