ニュース
    日本科学未来館、第2代館長に浅川智恵子氏が就任
    (掲載日時:2021年8月25日)

    日本科学未来館の第2代館長に就任した浅川智恵子氏
    日本科学未来館の第2代館長に就任した浅川智恵子氏


    日本科学未来館は第2代館長にIBMフェローの浅川智恵子氏が就任、2021年8月25日(火)、記者説明会が開催された。

    浅川氏は1958年、大阪府豊中市生まれの62歳。小学校時代にプールでの怪我がもとで視力が衰え始め、中学2年生の時に失明した。

    1985年に日本アイ・ビー・エム株式会社に入社し、アクセシビリティの研究開発に従事。1997年には世界初の実用的な音声ブラウザ「ホームページ・リーダー」を開発、2009年に日本IBMでは史上3人目となるIBMフェローに就任した。

    2014年秋よりIBMフェロー兼カーネギーメロン大学客員教授として米国に赴任している。

    説明会で浅川新館長は「未来館館長就任の話が来た時は、正直、悩んだ」としながらも、「SDGsの理念である『誰一人取り残さない』社会の実現に向けて、未来館という多くの人と繋がりがある施設が出来る事は多いのではないか」という思いから、就任を決意したと語った。

    この日は、浅川氏自身が開発を手掛け、未来館においても実装を目指している「AI スーツケース」も公開。

    カメラが搭載された視覚障害者のためのナビゲーションロボットで、行きたい場所へ案内してくれるだけでなく、周辺の状況も教えてくれる。

    なお、日本科学未来館は、2001年の開館時より宇宙飛行士の毛利衛氏が館長を務めていたが、今年4月に第2代館長として浅川氏が就任。浅川氏はコロナ禍の影響で米国からの帰国が遅れていたため、この日の記者説明会となった。


    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)サントリー芸術財団 サントリー美術館 職員(運営担当)募集 [サントリー美術館]
    東京都
    読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    【東京国立博物館】教育普及室 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    没後50年 福田平八郎展
    もうすぐ終了[あと12日]
    2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと53日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    逆境回顧録 大カイジ展
    開催中[あと18日]
    2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
    4
    佐川美術館 | 滋賀県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催中[あと46日]
    2024年3月30日(土)〜6月9日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと46日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)