IM
    レポート
    トランスレーションズ展 ― 「わかりあえなさ」をわかりあおう
    21_21 DESIGN SIGHT | 東京都
    異文化を理解するための「トランスレーション=翻訳」がテーマの展覧会
    身体表現、人と動物とのコミュニケーション等、多彩な翻訳のあり方を提示
    他者を理解するきっかけになる展覧会、ディレクターはドミニク・チェン

    自国の利益が優先される風潮に加え、新型コロナウィルスの影響もあって、私たちの社会から急速に「つながり」が失われています。そもそも他者は、自分とは異なる背景をもつ存在。自分ごととして他者を理解するためには「翻訳」(Translation)が欠かせません。

    言語はもとより、手話やジェスチャーなどの身体表現、さらには人と動物そして微生物とのコミュニケーションに至るまで、さまざまな「翻訳」のあり方を紹介する展覧会が、21_21 DESIGN SIGHTで開催中です。



    会場の21_21 DESIGN SIGHT


    展覧会には多くの作品が紹介されていますが、ここでは気になった作品、数点をご紹介しましょう。

    《ファウンド・イン・トランスレーション》は、Google Creative Lab+Studio TheGreenEyl+ドミニク・チェンの作品。大小さまざまのディスプレイが並ぶ部屋に、中央にマイクが立っています。

    来場者がマイクの前に立つと「今朝食べたものは?」「最近楽しかった事は?」など問いかけられます。マイクで答えると、回答がさまざまな言語に翻訳されて、ディスプレイに映し出されます。

    ディスプレイの大小は、その言語を使用している人の数に応じて設定されており、中国語や英語は大きなディスプレイで表示されます。

    現在、Google翻訳は108の言語に対応していますが、地球上で話されている言語は7000近くあるそうです。



    Google Creative Lab+Studio TheGreenEyl+ドミニク・チェン《ファウンド・イン・トランスレーション》


    《...のイメージ》は、手話を翻訳してデジタル映像にする作品。「雨が降る」「雲がうまれる」「飛行機が飛ぶ」を、日本手話で表すと、指と手の動きをセンサーが感知して、目の前に造形が描かれます。

    手を動かすスピードや向きにも反応するので、たくさん雨が降ったり、飛行機が向きを変えたりと、造形も変化。音の言語では名詞や動詞は分けて表されますが、視覚の言語では一体になって表現されていきます。



    和田夏実+筧 康明《...のイメージ》


    《Ontenna(オンテナ)》は、音が聞こえない聴覚障がい者でも音を感じる事ができるデバイス。周囲の音を捕まえて、256段階の振動と光の強さに変換します。

    クリップ状の小さなデバイスのため、髪や耳たぶ、えり元などにも付ける事ができるのが特徴的で、音の特徴をからだで直観的に感じる事ができます。

    以前に別の展覧会でも見た事がありますが、とてもユニークな発想、かつ、可能性を秘めた製品だと思いました。デザイナーの本多達也氏が学生時代から研究開発を進め、現在は富士通で販売されています。



    本多達也《Ontenna(オンテナ)》


    続いては、微生物との対話。日本が誇る発酵食品のひとつ「ぬか床」には、100種類以上の微生物がいるそうです。

    ぬか床をかき混ぜて野菜を漬けると、人の手に宿った菌と微生物が反応し、豊かな味を作りだす事ができます。

    内蔵されたさまざまなセンサーにより、菌の発酵状態を確認して教えてくれる「ヌカボット」。「そろそろかき混ぜれば?」などと応じるさまは、人間と微生物との対話そのものといえます。



    Ferment Media Research《NukaBot v3.0》


    展覧会ディレクターを務めたのは、情報学研究者のドミニク・チェン氏。「翻訳はコミュニケーションのデザインである」というのは氏の考えです。

    コロナの終息が見通せない中、「新しい生活様式」はまだまだ続くでしょう。さまざまな翻訳のあり方を知る事は、他者への理解を深めるきっかけになるかもしれません。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年11月5日 ]

    《トランス・ポート》
    エラ・フランシス・サンダース《翻訳できない世界のことば》
    noiz《東京オリンピック選手村 -縄文2020》
    清水淳子+鈴木悠平《moyamoya room》
    会場
    21_21 DESIGN SIGHT
    会期
    2020年10月16日(金)〜2021年3月7日(日)
    開催中[あと48日]
    開館時間
    11:00~17:30(入場は17:00まで)
    休館日
    火曜日(11月3日、2月23日は開催)、年末年始(12月26日~1月3日)
    住所
    〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内
    電話 03-3475-2121
    公式サイト http://www.2121designsight.jp/
    料金
    一般1,200円 / 大学生 800円 / 高校生 500円 / 中学生以下無料
    ※15名以上は各料金から200円割引
    ※開館時間、休館日、入館料は、展覧会やイベントによって変更する場合がありますので、あらかじめご確認ください
    展覧会詳細 トランスレーションズ展 ― 「わかりあえなさ」をわかりあおう 詳細情報

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    佐野美術館 | 静岡県
    原田治 展 「かわいい」の発見
    開催中[あと27日]
    2021年1月8日(金)〜2月14日(日)
    2
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    もうすぐ終了[あと6日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月24日(日)
    3
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと27日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    4
    茨城県近代美術館 | 茨城県
    ムーミン コミックス展
    開催中[あと55日]
    2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    アーノルド・ローベル
    開催中[あと69日]
    2021年1月9日(土)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    兵庫県職員【学芸員 (近現代美術)、(近世・近代書) 】募集中! [兵庫県立美術館など]
    兵庫県
    令和3年度 兵庫県立美術館会計年度任用職員【県政推進員】採用選考 [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    令和3年度 兵庫県立美術館会計年度任用職員【広報専門員】採用選考 [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    兵庫県職員(学芸員【近世・近代書】) [兵庫県立美術館 等]
    兵庫県
    兵庫県職員(学芸員【近現代美術】)の募集 [兵庫県立美術館 等]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード