IM
    レポート
    めぐるアール・ヌーヴォー展
    国立工芸館 | 石川県
    「めぐる」をテーマに、アール・ヌーヴォーにまつわる美術工芸作品を紹介
    アール・ヌーヴォーに影響を与えた日本の美術と、与えられた日本人美術家
    細やかな眼差しで自然の姿を装飾芸術へ、西洋を驚嘆させた日本の美意識

    フランス語で「新しい芸術」を意味するアール・ヌーヴォー。ヨーロッパを席巻したこの芸術様式には、日本の美術が影響を与えており、逆に日本でも多くの美術家たちが最先端の美術としてアール・ヌーヴォーを受け入れました。

    「めぐる」をキーワードに双方の関係を探り、日本と西洋の美術・工芸作品を紹介する展覧会が、金沢の国立工芸館で開催中です。



    国立工芸館


    展覧会は3章構成で、1章は「日本のインパクトと〈新しい芸術〉の誕生」からです。

    19世紀後半、ヨーロッパに日本の姿が知られるようになると、その芸術は新鮮な驚きをもって受け入れられ、ジャポニスムは一世を風靡します。

    ジャポニスムの流行が衰退すると、代わるように広まったのがアール・ヌーヴォー(新しい芸術)でした。



    1章「日本のインパクトと〈新しい芸術〉の誕生」展示風景


    二代横山彌左衛門の《菊花文飾壺》には、日本をイメージさせる菊の花が、動きがあるアール・ヌーヴォー風に表現されています。

    1889年のパリ万博に出品されたこの作品を制作させたのは、美術商としてパリで活躍した林忠正です。パリで流行の変遷を身をもって感じていた林は、ヨーロッパで見せるべき日本の姿を理解していたといえます。



    (左奥)エミール・ガレ《ウリ文筒形花瓶》1884-89年頃 / (左手前)エミール・ガレ《ダリア文皿》1895年頃 / (右)二代横山彌左衛門(孝純)《菊花文飾壺》1886-89年


    2章は「アール・ヌーヴォーの先へ、図案家たちが目指したもの」。1900年前後の日本の画家や図案家は、日本に持ち込まれた資料などを通じてアール・ヌーヴォーと出会い、自らの表現に取り入れていきました。

    日本でアール・ヌーヴォーを受容した作家の代表的な存在といえるのが、杉浦非水です。黒田清輝の門弟だった非水。フランスから帰国した黒田が持ち込んだ雑誌などは、非水の大きなインスピレーション源になりました。



    2章「アール・ヌーヴォーの先へ、図案家たちが目指したもの」展示風景


    非水の作品は、特に三越呉服店の図案部で勤務する前の大阪時代に、アール・ヌーヴォーらしいデザインが見られます。

    ただ非水は、三越呉服店で初めてつくった大きなポスター《三越呉服店 春の新柄陳列会》について、アール・ヌーヴォーではなく、同時代の芸術運動であるウィーン分離派(ゼセッション)を意識したと語っています。

    非水が同時代の美術の動向を巧みに自身の作品に生かしていることがわかります。



    (左から)杉浦非水《三越呉服店 新館落成》1914年 / 杉浦非水《三越呉服店 春の新柄陳列会》1914年


    3章は「季節がめぐる工芸、自然が律動するデザイン」。日本の作品が並ぶこの章は、アール・ヌーヴォーとの関連が薄いようにも感じられますが、むしろここからが本編ともいえます。

    「芽の部屋」では、杉浦非水と板谷波山が特集されています。両者とも、花の生命に眼を向け、意匠に活かしていきました。



    (左手前)板谷波山《葆光彩磁牡丹文様花瓶》1922年 / (右奥)杉浦非水《非水百花譜》1920-22年(春陽堂・発行)


    日本の工芸には、身近な草花や小さな虫に着目した意匠がしばしば見られますが、その点こそが西洋の人々にとって大きな発見でした。

    日本にいる私たちにとって、装飾芸術に自然を取り入れる事は当たり前のようにも感じますが、ここまで細やかな眼差しは、西洋の感覚からすると驚異的なのです。

    会場に並ぶ作品を見ると、日本の芸術家による自然に対する意識は、ジャポニスムやアール・ヌーヴォーの時代に限ったものではないこともよくわかります。



    3章「季節がめぐる工芸、自然が律動するデザイン」展示風景


    鹿島一谷の《布目象嵌秋之譜銀水指》は、秋の草むらのなかでの虫の様子を、戯画的に描いた作品です。

    鏨(たがね)で銀の素地に布目状の細い溝を刻み、そこに金や青金などの薄い金属をはめ込む布目象嵌(ぬのめぞうがん)という凝った技法が使われています。



    (左から)鹿島一谷《布目象嵌蛙と野草文銀朧銀接合せ壺》1991年 / 鹿島一谷《布目象嵌秋之譜銀水指》1978年


    近年ガレとドーム兄弟の作品がまとめて寄贈された国立工芸館。本展は、それらの作品のお披露目も兼ねています。また、ヨーロッパのポスターが一堂に展示されるのも、石川移転後では初めての機会です。

    国立工芸館は、工芸作品とともにデザイン作品がコレクションの柱のひとつです。両者を比較しながら見る事で、アール・ヌーヴォーを多面的に楽しめる展覧会です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2021年12月24日 ]

    (左から)ルネ・ラリック《ブローチ 翼のある風の精》1898年頃 / ルネ・ラリック《ブローチ 桑の木と甲虫》1900年頃 / ルネ・ラリック《ブローチ》1900年頃
    (左から)ドーム兄弟(オーギュスト・ドーム、アントナン・ドーム)《チューリップ文花瓶》1898年 / ドーム兄弟(オーギュスト・ドーム、アントナン・ドーム)《麦文花器》1905年
    (左から)大島如雲《鋳銅大膽瓶》1907年 / ドーム兄弟(オーギュスト・ドーム、アントナン・ドーム)《藻魚文花器》1898年
    (左から)エミール・ガレ《獅子頭『日本の怪獣の頭』》1876-84年頃 / エミール・ガレ《トンボ文杯》1880年代
    (左手前から)北原千鹿《山葡萄置物》1927年頃 / 杉浦非水《非水百花譜》第20輯-5やまぶだう(山葡萄)1920-22年(春陽堂・発行)
    (左から)青野武市《金赤被椿文蓋物》1993年 / 寺井直次《梅花蒔絵香合》1993年 / 増田三男《金彩梅花垣水指》1985年
    (左から)竹内碧外《秋草重文庫 むさしの》1980年頃 / 田口善国《ススキ蒔絵棗》1990年
    3章「季節がめぐる工芸、自然が律動するデザイン」展示風景
    会場
    国立工芸館
    会期
    2021年12月25日(土)〜2022年3月21日(月)
    会期終了
    開館時間
    9:30 - 17:30
    ※入館時間は閉館30分前まで
    休館日
    月曜日(1/10、3/21は開館)、年末年始(12月27日~1月1日)、1月11日(火)
    住所
    〒920-0963 石川県金沢市出羽町 3-2
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.momat.go.jp/cg/
    料金
    一般  300円(250円)
    大学生 150円( 70円)
    ※( )内は20名以上の団体料金および割引料金
    ※いずれも消費税込
    展覧会詳細 めぐるアール・ヌーヴォー展 詳細情報

    おすすめレポート
    学芸員募集
    静岡県御殿場市 東山旧岸邸 契約社員募集(6/25迄) [御殿場市東山旧岸邸]
    静岡県
    公益財団法人帆船日本丸記念財団 臨時職員(アルバイト)募集 [横浜みなと博物館(日本丸メモリアルパーク内)]
    神奈川県
    【佐川美術館】学芸員(正規職員)募集 [佐川美術館(滋賀県守山市)]
    滋賀県
    【寺田倉庫】WHAT MUSEUM アートキュレーター(学芸員) ※正社員 [WHAT MUSEUM]
    東京都
    石川県立歴史博物館 学芸員募集 [石川県立歴史博物館など]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち
    開催中[あと36日]
    2022年4月22日(金)〜7月3日(日)
    2
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    モディリアーニ展 ー 愛と創作に捧げた35年 ー
    開催中[あと51日]
    2022年4月9日(土)〜7月18日(月)
    3
    佐川美術館 | 滋賀県
    バンクシーと ストリートアーティスト
    開催中[あと15日]
    2022年3月12日(土)〜6月12日(日)
    4
    君も博士になれる展 empowered by 博士ちゃん
    開催中[あと29日]
    2021年10月2日(土)〜2022年6月26日(日)
    5
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催まであと21日
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード