#立体・工芸: レポート一覧

全 44件
1
卯年生まれの岩崎小彌太の還暦を祝して制作された愛らしい御所人形が公開
七福神と童子たち、兎の冠を戴く総勢58体。布袋と弁天は小彌太と夫人かも
他にも吉祥性あふれる、さまざまな作品を紹介。国宝《曜変天目》も展示中
会場
静嘉堂文庫美術館
会期
2023年1月2日(月)〜2月4日(土)
もうすぐ終了[あと7日]
6
日本文化の原点とされる室町時代。足利将軍邸の「将軍家の襖絵」がテーマ
当代を代表する画家が描き現在では失われた「会所」の襖絵を文献から推定
画題や画風を同じくする屏風絵を集め展示、蘇った〈将軍家の襖絵〉の世界
会場
根津美術館
会期
2022年11月3日(木)〜12月4日(日)
会期終了
4
岡本太郎の主要な作品を揃えた過去最大の回顧展。大阪から巡回して東京へ
ロビーフロアは太郎ワールドが満載。近年見つかって話題の3作品も初公開
《太陽の塔》《明日の神話》「芸術は爆発だ!」。太郎ならではの作品世界
会場
東京都美術館
会期
2022年10月18日(火)〜12月28日(水)
会期終了
10
創立からちょうど150年。東京国立博物館が所蔵する国宝89件すべてを公開
第1部は前代未聞の「国宝だけの展示室」。第2部はトーハクの歩みを概観
東京国立博物館にキリンの剥製があった?約100年ぶりに里帰り展示が実現
会場
東京国立博物館
会期
2022年10月18日(火)〜12月18日(日)
会期終了
10
世田谷から丸の内に移転した静嘉堂文庫美術館。愛称は「静嘉堂@丸の内」
創設者の岩﨑彌之助がミュージアム建設を願った地に、130年かけて実現!
開館記念の展覧会では、所蔵する7件の国宝すべてを前・後期に分けて公開
会場
静嘉堂文庫美術館
会期
2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
会期終了
3
漆で絵を描き、金粉や銀粉を蒔きつけて文様をあらわす「蒔絵」の大展覧会
平安時代から現代まで。各時代を代表する名品に加え人間国宝による作品も
MOA美術館、三井記念美術館、徳川美術館が共同で開催。東京展には国宝7件
会場
三井記念美術館
会期
2022年10月1日(土)〜11月13日(日)
会期終了
5
フィンランドデザインを代表するブランド、イッタラの日本初大規模巡回展
スタートはガラス工場から。創立140年を迎えたイッタラのこれまでの軌跡
イッセイ・ミヤケ、ミナ ペルホネンや隈研吾ら日本とイッタラとの関係も
会場
Bunkamura ザ・ミュージアム
会期
2022年9月17日(土)〜11月10日(木)
会期終了
2
昭和11年に開館した大阪市立美術館。東京・京都に次ぐ三番目の公立美術館
日本・中国の絵画、彫刻、工芸など。長期休館を機に厳選された優品が集結
国内屈指の中国美術、大画面の優美な日本美術、繊細かつユニークな工芸品
会場
サントリー美術館
会期
2022年9月14日(水)〜11月13日(日)
会期終了
3
リニューアルオープン記念展覧会のパート3は東洋美術。国宝2件・重文10件
中国絵画では東山御物の国宝《秋野牧牛図》。村田珠光らを経て住友春翠へ
国宝《線刻仏諸尊鏡像》は鏡面に線刻で9体の諸尊。少しかがんで鑑賞下さい
会場
泉屋博古館東京
会期
2022年9月10日(土)〜10月23日(日)
会期終了
3
前身の着火具から、ダンヒルやロンソンなどのメーカー、日本のライターも
「火花を起こす」「火花を燃料に移す」をワンモーションで行う様々な工夫
美しいアールデコのデザインがずらり。アメリカ軍に支給されたジッポーも
会場
たばこと塩の博物館
会期
2022年9月10日(土)〜12月25日(日)
会期終了
5
三の丸尚蔵館が収蔵する皇室の名品に、東京藝術大学コレクションを加えて
多種多様な作品で「美の玉手箱」をひも解き、日本美術の豊かな世界を展観
生き物の尊い生命を描いた伊藤若冲の代表作、国宝《動植綵絵》10幅が公開
会場
東京藝術大学大学美術館
会期
2022年8月6日(土)〜9月25日(日)
会期終了
12
絵画・彫刻・ジュエリーなど、古今東西の権力者たちに関わる作品が来日
日本にあれば国宝といわれるふたつの絵巻や、文人大名・増山雪斎の作品も
コロナ禍で2年余の延期を経てついに開幕。巡回はなく東京だけでの開催に
会場
東京都美術館
会期
2022年7月23日(土)〜10月2日(日)
会期終了
2
ヴィクトリア時代のイギリス王室にまつわるアンティークジュエリーの数々
ダイアナ元妃が24歳の誕生日に宝石商から贈られたダイヤモンドリングも
あわせて、アフタヌーンティーの豪奢な銀食器やアンティークレースも展示
会場
八王子市夢美術館
会期
2022年7月1日(金)〜9月4日(日)
会期終了
3
和歌で特定のイメージが結びつけられた土地「歌枕」をテーマにした展覧会
桜は吉野、楓は龍田。歌枕がデザインされた多種多様な絵画や工芸品を展観
和歌や古典が生活から離れている現代の私たちも、共通イメージを取り戻す
会場
サントリー美術館
会期
2022年6月29日(水)〜8月28日(日)
会期終了
0
お菓子の箱が驚きのアート作品に。SNSで話題の空箱職人はるきるの展覧会
頭の中で考えた後は設計図無しで制作へ。箱の世界観を崩さないこだわりも
使い終わったら捨てられる箱を再利用したサステナブルアートとしても注目
会場
そごう美術館(横浜駅東口 そごう横浜店 6階)
会期
2022年5月27日(金)〜7月3日(日)
会期終了
4
今年5月15日で復帰50年、かつての琉球王国ゆかりの歴史と文化を振り返る
色とりどりの玉で飾られた玉冠、衣裳、刀剣など国宝「尚家宝物」が一堂に
古琉球時代を今に伝える出土品や、伝統的な技を復活させた模造復元作品も
会場
東京国立博物館 平成館
会期
2022年5月3日(火)〜6月26日(日)
会期終了
3
1983年の構想発表から約40年、大阪の中之島に待望の美術館がオープン
近代・現代美術やグラフィック、家具まで豊富なジャンルをコレクション
各々の作品のものがたりと、鑑賞者によって完成される100のものがたり
会場
大阪中之島美術館
会期
2022年2月2日(水)〜3月21日(月)
会期終了
3
フランスで活躍した彫刻家フランソワ・ポンポンの日本初の回顧展が巡回中
シロクマや豹、ペリカンなどしなやかで美しいフォルムの動物たち約90点
ポンポンに影響を受けたとされる、佐倉ゆかりの金工家・津田信夫の作品も
会場
佐倉市立美術館
会期
2022年2月3日(木)〜3月29日(火)
会期終了
4
外から将軍家に入った徳川の人々に支えられて15代続いた徳川将軍家の歩み
家康の直系は4代、徳川宗家は7代で断絶。8代・11代・14代・15代は外から
政権が明治新政府に移ると徳川将軍家は公爵家へ。確実に継承された「家」
会場
【2025年度中まで全館休館予定】東京都江戸東京博物館
会期
2022年1月2日(日)〜3月31日(木)
会期終了
8
聖武天皇ゆかりの品など、正倉院宝物の精巧な再現模造の数々を一堂に公開
調度品、楽器、染織品、仏具など多彩な分野から、選りすぐりの逸品が出品
現代の名工たちによる高度な技でよみがえった、宝物製作当初の鮮やかな姿
会場
サントリー美術館
会期
2022年1月26日(水)〜3月27日(日) ※会期中展示替えあり
会期終了
おすすめレポート
学芸員募集
やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
高知県
さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
埼玉県
会計年度職員(埋蔵文化財担当)の募集 [山形県鶴岡市上山添字文栄100 櫛引庁舎]
山形県
岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
岐阜県
【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
東京都
展覧会ランキング
1
東京都現代美術館 | 東京都
クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
開催中[あと120日]
2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
2
出光美術館 | 東京都
江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
開催中[あと15日]
2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
3
東京都美術館 | 東京都
レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
開催中[あと71日]
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
4
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
もうすぐ終了[あと8日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
5
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと22日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)