IM
    レポート
    手わざ ― 琉球王国の文化 -
    東京国立博物館 | 東京都
    独自の文化と歴史をもつ琉球王国の卓越した技術で生まれた品々を模造復元
    完成した作品は絵画、木彫、石彫、漆芸、染織、陶芸、金工、三線の8分野
    「色」と「かたち」にも注目し、戦争で失われた美しい琉球の文化財を紹介

    独自の文化と歴史をもつ琉球王国。その卓越した技術でつくられた模造復元品を紹介する展覧会が、東京国立博物館 平成館の企画展示室で開催中です。

    展覧会タイトルの「手わざ」とは、作品を製作する仕事の高度な技術のことを指しています。会場には、絵画や石彫、漆芸や染織など琉球ならではの作品が展示されています。



    東京国立博物館 平成館企画展示室 入口


    最初に紹介するのは、琉球の世継ぎの王子家である世子家・中城御殿に伝わった玉御冠(たまんちゃーぷい)。沖縄戦により消失しましたが、那覇市歴史博物館が所蔵する玉御冠を参考に模造復元されました。

    採寸記録をもとに作られた木枠に、和紙や花形を貼り付け琥珀や水晶などの飾り玉を留めていく工程もパネルで紹介させています。 ※「玉御冠」の展示は終了しています。



    (手前)《玉御冠》 令和元年度 (原資料:18~19世紀) 沖縄県立博物館・美術館蔵 ※展示は終了しました。


    続いては、全長7メートルを超える大作の花鳥図。春から冬にかけての移り変わりにそって、色とりどりの鳥や植物が描かれています。こちらも沖縄戦で失われたとされていましたが、近年新たに発見された中国福建の画家・孫億筆による作品と同一のものと判明されます。

    鉛白や群青などを用いて絹の裏面から彩色する「裏彩色」を施した後、濃淡をつけながら「表色彩」を行い、中国絵画技法の精緻な表現が復元されています。



    会場風景 (手前)《四季翎毛花卉図巻》 令和元年度(原資料:康煕51年(1712)) 沖縄県立博物館・美術館蔵 ※会期中、巻替えがあります。


    会場で一際煌びやかな作品は、三御飾と足付盆です。上に乗った三御飾は、酒器や御玉貫、食籠を用いた飾りの総称のことを指し、王家の正月祭祀などに使用されました。王族が儀式の際に飾り台として使用した足付盆には、鍔の裏から高台にかけて唐草が彫刻されています。



    (上から)三御飾(美御前御揃)御酒器(金盃・銀製流台・托付銀鋺・八角銀鋺) 平成28~30年度 (原資料:琉球王国時代(第二尚氏時代) / 朱漆巴紋牡丹沈金透彫足付盆 令和2年度 (原資料:16世紀) 沖縄県立博物館・美術館蔵


    琉球王国時代、交易をしていた国々から様々な染織品や色材が入ってきました。沖縄の染織は、それらを模倣して発展、税の代わりに収められた布は薩摩を経由して江戸や京にも伝わります。会場の奥に足を進めると、素材や技法が豊富なの染織作品が並んでいます。



    会場風景 ※現在は別の作品を展示しています。


    沖縄の染織と言えば、鮮やかな色彩が特徴の紅型。菖蒲や燕、蝶など大和的な意匠が施されているのも特徴です。

    模造復元の工程では、米糊を置いた型紙に可能な限り当時の材料を使って布の表と裏から染める両面染が行われています。



    会場風景 (手前)《白地流水菖蒲蝶燕文様紅型苧麻衣裳》 令和元年度 (原資料:18~19世紀) 沖縄県立博物館・美術館蔵 ※展示は終了しました。


    手わざに関わる人々の試行錯誤の末に完成した模造復元品からは、これまで触れる機会の多くなかった琉球王国の独自の文化に触れることができます。

    また、2022年は沖縄県の復帰50年にもあたる年です。5月3日から開催される東京国立博物館「特別展 琉球」も注目です。

    [ 取材・撮影・文:坂入 美彩子 2022年1月13日 ]


    (展示風景)聖観音像 沖縄県立博物館・美術館蔵 ※展示は終了しました。
    (手前)《擬宝珠形丁子風炉》 沖縄県立博物館・美術館蔵 ※展示は終了しました。
    染色作品 冠 沖縄県立博物館・美術館蔵 ※現在は別の作品を展示中。
    紅型の型紙や制作道具と材料 沖縄県立博物館・美術館蔵 ※展示は終了しました。
    会場
    東京国立博物館
    会期
    2022年1月15日(土)〜3月13日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
    休館日
    毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始、
    ※詳細、その他休館についてはHPにてご確認ください。
    住所
    〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.tnm.jp/
    料金
    一般:1,000円、大学生:500円
    展覧会詳細 手わざ ― 琉球王国の文化 - 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    福岡市職員【文化学芸職】(資料保存)募集! [福岡市博物館]
    福岡県
    福岡市職員〈文化学芸職〉【古文書】採用選考ご案内のご案内 [福岡市総合図書館]
    福岡県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと77日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと65日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと65日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    日本科学未来館 | 東京都
    刀剣乱舞で学ぶ 日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-
    開催中[あと86日]
    2024年7月10日(水)〜10月14日(月)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと8日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)