IM
    レポート
    藤田美術館がリニューアルオープン
    開放的なエントランスと伝統を継承する展示室。いよいよ待望の再スタート
    古美術を愛した藤田傳三郎と息子たちが蒐集した大コレクションを展示公開
    オープンキッチンスタイルの茶店も入居、文字通りの「開かれた美術館」に

    明治時代における大阪財界の重鎮、藤田傳三郎。古美術を愛した傳三郎は、亡くなる直前までその蒐集に情熱を注ぎました。傳三郎親子により国宝9件、重要文化財53件を含む約2,000件という規模になった大コレクションは、1954年に開館した藤田美術館で展示・公開されてきました。

    旧美術館は施設老朽化のため、2017年6月に一時休館。このたび、建物が建て替えられて全面的に刷新されました。



    藤田美術館 外観


    エントランスは広々とした土間。通りに面したガラス面が大きいため、とても開放的な印象です。

    展示室への入口は、藤田家邸宅の蔵だった旧美術館の扉を活用しています。新しさの中にも、伝統と記憶を引き継いでいます。



    広々とした土間。左側の黒い扉が展示室への入口


    蔵の扉から入ると、旧美術館で使われていた梁がシンボル的に展示されています。

    堂々とした巨木は、今まで培った伝統を100年後まで引き継いでいく思いを象徴しています。



    展示室手前のホール


    展示室は旧館と比べて床面積が約2倍に拡大。照明はかなり暗めですが、目が慣れてくると作品が浮かび上がるようです。

    低反射ガラスを使っているので、映り込みが少なく、細部までじっくりと鑑賞する事ができます。



    藤原佐理《去夏帖》平安時代 10世紀


    リニューアルオープンを飾る展示は「赤・朱 古今東西」「コレクターのコダワリ」「曜変天目の青、禅僧の黒」。毎月、順番に展示替えされる事になっており、3カ月に1度のペースで来館すると、すべての展示が入れ替わっている事になります。



    《田村文琳茶入》宋~明時代 13~15世紀


    展示されている作品の中で、何点かご紹介しましよう。

    こちらは鎌倉時代に描かれた、国宝《玄奘三蔵絵》。もとは興福寺に伝わったもので、貫首しか見る事が出来なかったため、ほとんど人の目にふれる事がありませんでした。そのため、鮮やかな色彩が今でも残っています。



    国宝《玄奘三蔵絵》高階隆兼 鎌倉時代 14世紀


    そして、藤田美術館が誇る逸品、国宝《曜変天目茶碗》も展示されています。

    瑠璃色の曜変と呼ばれる斑文が、碗全体を彩ります。同種の曜変天目は3碗のみが現存しており、いずれも日本国内にあって、国宝に指定されています。



    国宝《曜変天目茶碗》南宋時代 12〜13世紀


    展示室を出ると、明るいギャラリーへ。ここではコレクションの礎を築いた藤田傳三郎について紹介されています。

    ギャラリーからは庭にも出られるようになっており、高野山から移設されてきた多宝塔も見る事ができます。



    ギャラリー


    道路の交差点に近く、信号待ちの人の目にも止まる場所にあるのが、茶店「あみじま茶屋」。美術館にオープンキッチンスタイルの飲食店を併設しているのは、かなり珍しいと思います。

    美術に興味がない人が気軽に入店し、若手作家が手がけた器や盆を使うことで、芸術文化との接点になる事を目指しています。



    茶屋


    これまでは限られたシーズンだけの開館だった藤田美術館ですが、今後は基本的に年末年始を除いて無休。19歳以下は入館料も無料です。

    文字通り、別のミュージアムに生まれ変わったといえるほどの大変貌を遂げた藤田美術館。首都圏の美術ファンからも大きな注目を集めそうです。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年3月25日 ]

    藤田美術館 外観
    藤田美術館 展示室「蔵」
    重要文化財《埴製枕》古墳時代 4世紀
    多宝塔
    このレポートに関連する特集
    「兵馬俑と古代中国」は京都からスタート。大阪の藤田美術館はリニューアルオープン。大分県立美術館では「コシノジュンコ 原点から現点」展。「瀬戸内国際芸術祭2022」「越後妻有 大地の芸術祭 2022」も始まります。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【公益財団法人札幌市芸術文化財団】 学芸員(正職員)募集中! [札幌芸術の森美術館 他]
    北海道
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    熊本県 学芸員(考古学・3名程度)募集! [熊本県教育庁等]
    熊本県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと109日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと40日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    3
    国立西洋美術館 | 東京都
    内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙
    開催中[あと68日]
    2024年6月11日(火)〜8月25日(日)
    4
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    もうすぐ終了[あと5日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催まであと4日
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)