IM
    レポート
    特別展アリスーへんてこりん、へんてこりんな世界ー
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    アートや映画、ファッション、演劇など…魅力あふれる「アリス」の世界
    V&A博物館を皮切りにした世界巡回展が来日!日本オリジナルの展示も追加
    サルバドール・ダリや草間彌生、酒井駒子、ヒグチユウコらによるアリス

    少女・アリスがウサギを追いかけて不思議の国に迷い込み、さまざまなキャラクターたちと出会いながら冒険する『不思議の国のアリス』。

    ルイス・キャロルによって発表されて以来、170以上の言語で翻訳され、続編の『鏡の国のアリス』とともに多くのファンに支持されてます。そんなアリスの世界とその魅力を紹介する展覧会が、森アーツセンターギャラリーではじまりました。



    会場入口


    第1章は「アリスの誕生」。アリスの物語は、イギリスの数学者のチャールズ・ラトウィッジ・ドジソンが知人の娘たちに語った即興の物語です。

    ドジソンは、挿絵画家ジョン・テニエルと話し合いを重ね、ルイス・キャロルの筆名で1865年に『不思議の国のアリス』を初版。会場では、ドジソンの手書きの構想やテニエルの原画、物語を生んだヴィクトリア朝の英国の時代背景を紹介します。



    第1章は「アリスの誕生」


    世界中でアートや映画、音楽、ファッション、演劇など、様々なジャンルで表現されてきた「アリス」。日本では明治時代に翻訳が始まり、1970年代に「アリスブーム」が起こります。ブームを牽引したといえる金子國義や酒井駒子、ヒグチユウコらが描いた『不思議の国のアリス』の原画も展示されています。



    第1章は「アリスの誕生」


    アリスの世界に入り込んだ様な空間も広がっている会場。第2章「映画になったアリス」では、初期のサイレント映画や1951年公開のディズニー映画『ふしぎの国のアリス』、ティム・バートン監督による『アリス・イン・ワンダーランド』『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』を紹介します。



    会場風景


    「不思議の国」の影の側面や無意識への旅は、アーティストたちの想像力もかき立てました。第3章「新たなアリス像」では、シュルレアリズムを代表する画家サルバドール・ダリの挿絵や、草間彌生、オノ・ヨーコの作品を紹介していきます。



    『不思議の国のアリス With artwork by 草間彌生』 2013年


    英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)を皮切りにした世界巡回展に日本オリジナル展示を加えた今回の展覧会。V&Aの展示でもあった、表情の変わるチェシャー猫や“狂ったお茶会”のインスタレーションは、今回の最大の見どころと言えます。



    会場風景 “狂ったお茶会”のインスタレーション


    アリスの冒険は、原作に忠実な内容のものから風刺やパロディー、現代の観客用に翻訳されたものまで、頻繁に舞台化されてきました。第4章「舞台になったアリス」では、英国ロイヤル・バレエ団公演『不思議の国のアリス』の公演ポスターや舞台衣装を紹介。

    白ウサギに変身したルイス・キャロルにタップダンスを踊るマッド・ハッター(狂った帽子屋)、一際目を引くのはハートのクイーンの衣装です。



    第4章「舞台になったアリス」


    最後の展示室となる第5章は「アリスになる」。アリスの装いは、ファッションショーやオートクチュール、ストリート系のファッションのトレンドにも影響を与えてきました。

    ここでは、ヴィヴィアン・ウエストウッドのアンサンブルや、ヴィクター&ロルフがデザインしたマッド・ハッター(狂った帽子屋)の衣装、日本の「パンク・ロリータ」衣装を紹介します。



    第5章は「アリスになる」


    奇妙な世界で個性豊かなキャラクターに出会い、様々に変化しながら旅をするアリスの姿や精神は、アーティストだけでなく社会運動や政治運動を行う人々にも受け継がれています。デモ活動を行う姿は、クイーンを前にしたアリスの物怖じしない姿を彷彿させます。アリスの冒険は、アイデンティティや権力とは何かを考える機会にもなるのです。



    第5章は「アリスになる」


    『不思議の国のアリス』の初版から150年以上が経った今なお、世界中で愛され様々な側面へ派生をし続けているアリス。会場では、物語を回顧しながら、新たなアリスとの出会いがありそうです。

    [ 取材・撮影・文:坂入 美彩子 2022年7月15日 ]


    「狂ったお茶会」のインスタレーション
    チェシャー猫のインスタレーション
    アリスの世界を再現した会場
    第2章「映画になったアリス」
    第2章「映画になったアリス」
    第1章は「アリスの誕生」
    第3章「新たなアリス像」
    「THE SUN & THE MOON」コラボレーションメニュー アフタヌーンティー
    会場
    森アーツセンターギャラリー
    会期
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    会期終了
    開館時間
    10:00~ 20:00(月・火・水曜は18:00まで)
    ※9/19、10/10は20:00まで
    ※最終入館は閉館30分前まで
    ※会期・開館時間は変更の可能性があります。ご来館前に必ず本展公式サイトをご確認ください。
    ※事前予約制
    休館日
    会期中無休
    住所
    〒106-6152 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
    電話 050-5541-8600(9-20時 / ハローダイヤル)
    公式サイト https://alice.exhibit.jp
    料金
    チケット料金や購入方法は決まり次第、公式サイトにて発表します。
    展覧会詳細 特別展アリスーへんてこりん、へんてこりんな世界ー 詳細情報
    このレポートに関連する巡回展
    特別展アリスーへんてこりん、へんてこりんな世界ー
    このレポートに関連する特集
    三菱一号館美術館「ガブリエル・シャネル展」は人気になりそう。コロナ禍で開催延期になった「ボストン美術館展 芸術×力」は東京のみで開催へ。東京国立近代美術館で開催される「ゲルハルト・リヒター展」も大注目。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    奈文研 展示企画アソシエイトフェロー 募集 [奈良文化財研究所 展示企画室(奈良市二条町)]
    奈良県
    やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
    埼玉県
    会計年度任用職員(美術館学芸業務)を1名募集しています。 [下関市立美術館]
    山口県
    東京国立博物館アソシエイトフェロー(出版企画)募集 [東京国立博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと117日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと68日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    3
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    もうすぐ終了[あと12日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    4
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと19日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    5
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    もうすぐ終了[あと5日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)