IM
    レポート
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    国立西洋美術館 | 東京都
    ピカソ、クレー、マティス、ジャコメッティら97点のうち76点が日本初公開
    日本初公開となる35点をはじめ、ピカソの画業の各時代を代表する名品たち
    作品の購入時にベルクグリューンがこだわった、アンティークの額にも注目

    ピカソの生涯に渡る作品をはじめとする20世紀の作品を数多く所蔵しているドイツ、ベルリン国立ベルクグリューン美術館。美術館には、パリで画廊を経営していた美術商ハインツ・ベルクグリューン(1914-2007年)によって集められた世界有数の個人コレクションが並びます。

    コレクションの中でも特に選りすぐりの名品が揃ったピカソ、クレー、マティス、ジャコメッティらの作品を紹介する展覧会が、国立西洋美術館で開催中です。


    国立西洋美術館 入口
    国立西洋美術館 入口


    ハインツ・ベルクグリューンは、1990年代までポール・セザンヌやフィンセント・ファン・ゴッホをはじめとするポスト印象派の画家たちの作品を所蔵していました。大半の作品はベルクグリューンの晩年に売却されましたが、ピカソやマティスらにも多大な影響を与えたセザンヌの数点の作品をⅠ章で紹介しています。


    Ⅰ セザンヌ ― 近代芸術家たちの扉
    Ⅰ セザンヌ ― 近代芸術家たちの扉


    ベルクグリューン美術館のピカソコレクションは、ピカソの少年期から晩年までの作品を網羅しています。会場では「青の時代」、「ばら色の時代」からキュビスムの探求、静物画の変容の過程をふり返ります。

    Ⅱ章では、その中でも20世紀美術に革新をもたらした、ピカソとジョルジョ・ブラックの共同作業によって進められたキュビスムの絵画が展示されています。


    Ⅱ ピカソとブラック ― 新しい造形言語の創造
    Ⅱ ピカソとブラック ― 新しい造形言語の創造


    ピカソの作品には、実生活における女性たちとの関係が大きく影響を与えました。ピカソの恋人であった女性芸術家、ドラ・マールを斬新な構図で表現した作品はピカソ作品の中でも強い存在感を放ちます。

    《緑色のマニキュアをつけたドラ・マール》をはじめ、35点ものピカソの作品が、日本で初公開となっています。


    Ⅳ 両大大戦のピカソ ― 女性のイメージ
    Ⅳ 両大大戦のピカソ ― 女性のイメージ


    ピカソと並んでベルクグリューン美術館のコレクションの柱となっているのがパウル・クレーの作品です。今回の展覧会では34点のクレーの作品を紹介しています。


    Ⅴ クレーの世界
    Ⅴ クレーの世界


    造形原理の考察とロマン主義的な想像力を融合させていたクレーですが、ピカソに強く関心をもち、キュビスム絵画に影響を受けていきます。


    Ⅴ クレーの世界
    Ⅴ クレーの世界


    Ⅵ章ではアンリ・マティスの作品を紹介。ベルクグリューンが「現代フランスの最も偉大な画家」と称賛したのがマティスでした。

    ベルクグリューンが晩年収集したマティスの作品は、静と動、安息と活力といった対照的な性質が表れています。


    Ⅵ マティス ― 安息と活力
    Ⅵ マティス ― 安息と活力


    マティスの制作の中で重要性を高めたのが、純粋な色彩と簡素なデッサンの総合といえる、躍動感にあふれた切り絵でした。緑色の地に黒い人物が切り絵された美術雑誌『ヴェルヴ』の表紙図案も、日本初公開の作品です。


    Ⅵ マティス ― 安息と活力
    Ⅵ マティス ― 安息と活力


    最終章は、ピカソとマティス、ジャコメッティの3人による作品で構成。20世紀の2大巨匠という評価を確率したピカソとマティス。そしてこの時期に円熟期を迎えたのが、ジャコメッティです。

    彫刻と絵画において、自分の目に見えたままを表すことを追求したジャコメッティは、脆さと同時に存在感をもつ人間を生み出しました。


    Ⅶ 空間の中の人物像 ― 第二次世界大戦後のピカソ、マティス、ジャコメッティ
    Ⅶ 空間の中の人物像 ― 第二次世界大戦後のピカソ、マティス、ジャコメッティ


    一方、最晩年の切り紙絵において生命力にあふれる女性像の表現に達したマティス。ピカソは、ドラクロワやベラスケス、マネという過去の巨匠から作品の解釈を行い、晩年にはエロスを自由に表現していきます。


    Ⅶ 空間の中の人物像 ― 第二次世界大戦後のピカソ、マティス、ジャコメッティ
    Ⅶ 空間の中の人物像 ― 第二次世界大戦後のピカソ、マティス、ジャコメッティ


    芸術、文化、社会全体が大きく変動した20世紀に活躍したそれぞれの作家たち。ベルクグリューン美術館から来日した97点のうち76点が日本初めての公開という貴重な展覧会。東京展での会期は1月22日までですが、2月から大阪へ巡回します。

    [ 取材・撮影・文:坂入 美彩子 2022年10月7日 ]

    Ⅳ 両大大戦のピカソ ― 女性のイメージ
    Ⅴ クレーの世界
    Ⅴ クレーの世界
    Ⅲ 両大大戦のピカソ ― 古典主義とその破壊
    会場
    国立西洋美術館
    会期
    2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前9時30分~午後5時30分(金・土曜日は午後8時まで)
    ※入館は閉館の30分前まで
    休館日
     月曜日、10月11日(火)、12月30日(金)~2023年1月1日(日)、1月10日(火) ※ただし、10月10日(月・祝)、2023年1月2日(月・休)、1月9日(月・祝)は開館
    住所
    〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://picasso-and-his-time.jp
    料金
    一般 2,100円
    大学生 1,500円
    高校生 1,100円
    展覧会詳細 ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展 詳細情報
    このレポートに関連する巡回展
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)サントリー芸術財団 サントリー美術館 職員(運営担当)募集 [サントリー美術館]
    東京都
    読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    【東京国立博物館】教育普及室 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    没後50年 福田平八郎展
    もうすぐ終了[あと12日]
    2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと53日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    逆境回顧録 大カイジ展
    開催中[あと18日]
    2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
    4
    佐川美術館 | 滋賀県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催中[あと46日]
    2024年3月30日(土)〜6月9日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと46日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)