IM
    レポート
    カタストロフと美術のちから展
    森美術館 | 東京都
    開館15周年の記念展
    地震や台風など自然による災害、テロや紛争など人為的な災害、そしてリーマンショックなどの経済的な災害…。どんなに時代が進んでも、カタストロフ(大惨事)は必ず発生します。社会的な悲劇に対して「美術のちから」を考察する展覧会が、森美術館で開催中です。
    トーマス・ヒルシュホーン《崩落》2018
    (左から)ヘルムット・スタラーツ《迷路》2010 / ヘルムット・スタラーツ《つねに、もっと》2014
    CATPC & レンゾ・マルテンス
    池田学《予兆》2008
    ムハマッド・ウチュプ・ユスフ《不屈》2009
    ヒワ・K《鐘》2015年
    坂茂《紙の大聖堂(ニュージーランド・クライストチャーチ)模型 1:10》(内部)2017/2018
    スウーン《メデイア》2017
    オノ・ヨーコ《色を加えるペインティング(難民船)》1960/2016-2018

    スペイン内戦からピカソの《ゲルニカ》が生まれたように、大きな災害は美術家を刺激し、後世に残る名作が生まれる事もしばしばあります。古いものなら平安時代の《伴大納言絵巻》も、応天門の変という大災害から生まれた作品です。


    節目となる周年の記念展で、普遍的なワードをテーマにしてきた森美術館。開館記念は「ハピネス」(幸福)、10周年は「LOVE」(愛)でしたが、15周年の今回は「カタストロフ」(大惨事)です。どんなに発達した社会でも避ける事ができない大惨事に対し、「美術が持つちから」を考察していきす。


    展覧会は2章構成で、セクションⅠは「美術が惨事をどのように描いてきたのか」がテーマ。絵画、映像、写真、立体造形など、さまざまな手法で表現された惨事が並びます。


    作品の中には、地震や津波などビジュアル化しやすい惨事だけでなく、金融危機や放射能汚染など、目に見えない脅威を題材にしたものも。時間とともに忘れられていく惨事を、それぞれの感性で記録・再現しています。



    セクションⅡは、破壊から生まれる「美術のちから」について。惨事がアーティストを刺激し、作品制作のきっかけになる事は少なくありません。日本でも東日本大震災の後に、多くの美術作品が生まれました。


    災害を踏まえた芸術活動は、「生活か、美術(または文化)か」という対立軸で語られる事がしばしばありますが、ようやく落ち着いた雰囲気で議論できる状況になりました。作品の質や意義についても、これから先も検証や評価が進むでしょう。


    本展では「プレ・ディスカション・シリーズ」として、展覧会の開催前に5回のトーク・イベントも開催。会場で映像が紹介されているとともに、各回のまとめが森美術館のサイトに掲載されています。長文ですが、見ごたえがありました。


    会場の外でも、オノ・ヨーコの作品が展示中です。《戦争は終わる》は、オノ・ヨーコとジョン・レノンが1969年に発表したプロジェクト。ベトナム戦争が激化する中、高々と「WAR IS OVER "IF YOU WANT IT"」と掲げました。50年前のメッセージが全く色褪せていない現実に、愕然とする思いです。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年10月5日 ]



    会場
    会期
    2018年10月6日(土)~2019年1月20日(日)
    会期終了
    開館時間
    月・水~日曜日10:00~22:00
    火曜日 10:00~17:00
    (いずれも最終入館時間は閉館の30分前まで)
    *展覧会により変更する場合がございます。
    *最新情報は、美術館のウェブサイトをご確認ください。
    休館日
    会期中無休
    住所
    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/catastrophe/index.html
    料金
    一般 1,800円/学生(高校・大学生) 1,200円/子供(4歳~中学生) 600円/シニア(65歳以上) 1,500円
    展覧会詳細 カタストロフと美術のちから展 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)サントリー芸術財団 サントリー美術館 職員(運営担当)募集 [サントリー美術館]
    東京都
    読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    【東京国立博物館】教育普及室 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    没後50年 福田平八郎展
    もうすぐ終了[あと12日]
    2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと53日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    逆境回顧録 大カイジ展
    開催中[あと18日]
    2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
    4
    佐川美術館 | 滋賀県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催中[あと46日]
    2024年3月30日(土)〜6月9日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと46日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)