読者
    レポート
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    国立国際美術館 | 大阪府



    「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」が、国立国際美術館で開かれています。ベルリン国立ベルクグリューン美術館は、ドイツ生まれの画商でコレクターであるハインツ・ベルクグリューンのコレクションを収蔵しています。展覧会では、その中から珠玉の97点(うち76点が日本初公開)に、日本の国立美術館所蔵・寄託作品11点を加えた108点が展示されます。

    今回の展覧会は、ベルクグリューン美術館の改修工事を機に、主要作品を館外で一堂に展示する世界初の展覧会となります。

    サブタイトルに「ピカソ クレー マティス ジャコメッティ」とつけられているように、ベルクグリューンのコレクションは、その4人の芸術家に、セザンヌを加えた20世紀の巨匠たちの作品に重点が置かれています。展覧会では、それらの主要作品を目の当たりにすることができます。特に、ピカソの作品は圧巻です。


    ピカソ 全ての時代を網羅

    「青の時代」から「ばら色の時代」、そして、キュビズムの探求、古典主義への傾斜と破壊、両世界大戦と彼を取り巻く女性たちなど、ピカソの変遷を克明にたどることができます。

    日本初公開の「座るアルルカン」は、青の時代に比して、明るい色調であるにもかかわらず、見るものに得も言われぬ不確かさを感じさせます。ピカソ24歳の作品です。「青の時代」の「ジャウメ・サバルテスの肖像」が横に並んでいます。




    豊満な体の裸婦が足を組んで、自らの足を拭く「座って足を拭く裸婦」は、古代彫刻やルノワールを想起させます。ただ、裸婦の後ろに広がる浜辺と海、特にその海の静けさと色合いが印象深いです。




    展覧会の掉尾を飾るにふさわしいピカソの2点は、この展覧会の充実ぶりを如実に示しています。最後の最後まで、ピカソに気圧され続けたのは、この展覧会の醍醐味と言えるでしょう。



    会場風景


    「展覧会の中のもう一つの展覧会」ともいえる、充実のクレー

    ベルクグリューンは、ピカソ、クレー、マティス、ジャコメッティを敬愛し続けていましたが、中でもクレーは終生愛してやまなかったということです。クレーの作品の充実ぶりが、東京での観客に「展覧会の中にもう一つの展覧会があるような」と言わしめています。



    クレー 緑の風景


    展覧会では、第一次世界大戦の終わりからバウハウス時代にかけての作品が中心に紹介されています。同時代のピカソと比べながら見ることができるのも、この展覧会ならではです。



    クレー 子どもの遊び


    第二次世界大戦後のピカソ、マティス、ジャコメッティ

    展覧会では、マティスの油彩にとどまらず、彫刻、素描、切り紙絵が展示されています。 日本初公開の「雑誌『ヴェルヴ』第4巻13号の表紙図案」の鮮やかな色合いと大胆な切り紙がとても斬新で、マティス晩年の偉大な達成と言われるゆえんです。

    鮮烈な赤と切り紙の絶妙な配置が圧倒的なインパクトの「植物的要素」が横に並んでいます。



    マティス 切り紙


    同じく日本初公開のマティスの「縄跳びをする青い裸婦」とジャコメッティの「広場 Ⅱ」が同じ部屋に並んで展示されています。ベルクグリューン美術館のモントゥア博士が「ベルクグリューン美術館でもこんな風に見ることはできない」とうらやまし気に語られた展示です。必見です。



    マティス ジャコメッティ


    バレンタインデーやホワイトデーには、ピカソの「緑色のマニキュアをつけたドラ・マール」や「黄色のセーター」にちなんだドレスコードありのイベントも企画されています。詳細は、公式ツイッターで発表されるそうですので、楽しみです。

    [ 取材・撮影・文:atsuko.s / 2023年2月1日 ]


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

    → 詳しくはこちらまで

    会場
    国立国際美術館
    会期
    2023年2月4日(土)〜5月21日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00 - 17:00、金曜・土曜は20:00まで
    ※入場は閉館の30分前まで
    休館日
    月曜日(ただし、5月1日は開館)
    住所
    〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55
    電話 06-6447-4680(代)
    公式サイト https://www.mbs.jp/picasso-and-his-time-osaka/
    料金
    一般 2,100円
    大学生 1,300円
    高校生  900円 
    展覧会詳細 ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展 詳細情報
    読者レポーターのご紹介
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    三条市歴史民俗産業資料館(月給)学芸員募集! [三条市歴史民俗産業資料館]
    新潟県
    町田市民文学館ことばらんど 学芸員・教育普及担当(会計年度任用職員)募集! [町田市民文学館ことばらんど]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    開催中[あと27日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと131日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと20日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    4
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    デ・キリコ展
    開催中[あと94日]
    2024年4月27日(土)〜8月29日(木)