IM
    レポート
    印象派の行方 モネ、ルノワールと次世代の画家たち
    ポーラ美術館 | 神奈川県
    最後の展覧会の後の印象派は?
    1874年に最初の展覧会を開催した印象派。そのグループとしての活動は長くは続かず、1886年の第8回展で終焉を迎えます。その後の印象派はどうなったのか、次世代の画家たちとの関係にも着目した展覧会がポーラ美術館で開催中です。
    モネの3点
    会場入口。第1部は黄色、第2部はピンクと、明快な構成です。
    ルノワールの2点
    右のスーラは、最後の印象派展で脚光を浴びました。左はゴッホ。
    1900年初頭に名乗りをあげた「フォーヴ」(野獣)一派。
    ボナールとモネ。家を訪ねあう仲でした。
    第1部会場
    ボナールとルノワール。ボナールのアトリエにはルノワールの裸婦の小品がみえます。
    限定メニュー「ルノワール家のごちそう」
    ルノワールの作品を16点、モネの作品を19点も所蔵し、「印象派の美術館」としても有名なポーラ美術館ですが、企画展で印象派をテーマにするのは、実に7年ぶり。

    ただ今回は、印象派の中心的な立場にあったルノワールとモネが印象派を離れて以降の「印象派の行方」にスポットを当てた企画展です。


    冒頭のモネとルノワール

    展覧会は「1886年 ゆらぐ印象派」と「1900年以降 次世代のまなざし」の2部構成。第1部では、印象派グループを離れたルノワールとモネ、1886年に開かれた最後の印象派展で反響を呼んだスーラとシニャック、独自の探究の道に入ったセザンヌらを紹介。第2部ではモネとフォーヴィスム、ボナールとモネやルノワール、マティスとルノワール、ピカソとルノワールを比較するように取り上げ、画家同士の関係性に着目しています。


    ボナールとモネ

    画家同士のエピソードは、ボナールのアトリエの壁には自作と交換して手に入れたルノワールによる裸婦が飾られていたり、シニャックは16歳でモネの個展を見て感動して面会を申し入れたりと、興味深いものばかり。知った上で作品を見ると、今までと違った印象で見えるかもしれません。

    「印象派と次世代の画家たちの人物相関図」は、公式サイトにもPDFで掲載されています。展覧会に行く前ご覧いただくことをオススメします。


    マティスとルノワール

    館内のレストラン「アレイ」では、今回も企画展にあわせた限定メニューをご用意。スープ「ブイヤベース アレイ風」+メインディッシュ「鶏のロースト」+デザート「クレームブリュレ」で、名付けて「ルノワール家のごちそう」です(2,730円)。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2012年2月10日 ]
     
    会場
    会期
    2012年1月21日(土)~7月8日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:00~17:00(入館は16:30まで)
    休館日
    年中無休(展示替の為、臨時休館あり)
    住所
    神奈川県箱根町仙石原小塚山1285
    電話 0460-84-2111
    公式サイト http://www.polamuseum.or.jp/index.php
    展覧会詳細 印象派の行方 モネ、ルノワールと次世代の画家たち 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    【急募】ながのこども館ながノビ! オープニングスタッフ募集 [ながのこども館 ながノビ!]
    長野県
    石川県教育委員会事務局職員(近世史料編さん専門職員)募集(R7.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所など]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと75日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと63日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと63日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    東京都 | 東京都
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと102日
    2024年11月1日(金)〜2025年2月2日(日)