IM
    レポート
    生誕260年記念 北斎の肉筆画 ー 版画・春画の名作とともに ー
    岡田美術館 | 神奈川県
    《美人夏姿図》と《夏の朝》、名品がそろい踏み
    【5/30から再開】世界的な知名度を誇る浮世絵師、葛飾北斎(1760~1849)。「冨嶽三十六景」シリーズや『北斎漫画』など版画や版本が良く知られますが、肉筆画でも数多くの名品を残しています。館蔵の肉筆画を中心に様々な角度から北斎の魅力に迫る展覧会が、岡田美術館で開催中です。
    第5章「画狂老人卍」
    葛飾北斎《立美人図》(部分)19世紀初頭 岡田美術館蔵
    葛飾北斎《四季耕作図屏風》19世紀初頭 岡田美術館蔵
    葛飾北斎《夏の朝》19世紀初頭 岡田美術館蔵
    エミール・ガレ《菊に蝶文花器》1895年頃 岡田美術館蔵
    葛飾北斎《桜花海浜図》19世紀前半 岡田美術館蔵
    葛飾北斎《堀河夜討図》19世紀前半 岡田美術館蔵
    葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》天保2~4年(1831~33)[展示期間:4/5~6/1]岡田美術館蔵
    葛飾北斎《雁図》弘化4年(1847)岡田美術館蔵

    各所で何度も開催されている北斎の展覧会。生誕260年のメモリアルイヤーを記念した本展では、肉筆画に焦点をあてて、その長い画業を展観します。


    展覧会は第1章「春朗から北斎へ」から。勝川春章の門下だった北斎。19歳の頃、勝川春朗としてデビューしました。勝川派を離れた後には、琳派の一門として俵屋宗理、さらに北斎辰政とも名乗ります。


    《立美人図》は、肉筆画を数多く手がけていた40代前半の時の作品です。すっきりとした女性の描き方は、この後の美人画とは違いが見られます。左下の署名で、フランスの小説家、エドモン・ド・ゴンクールの旧蔵品だった事が分かります。


    第2章「北斎美人画の二大傑作」は、葛飾北斎を名乗っていた頃。ほぼ同時期に描かれた、ふたつの名品が並んで紹介されています。


    うつむき気味に帯を締めなおす《美人夏姿図》は、着物の萩の模様が涼し気。手鏡に顔が映る《夏の朝》は、足元の小道具で季節や時間が暗示されています。



    第3章は「戴斗・為一時代」。『北斎漫画』や「冨嶽三十六景」を手掛けていた時代で、肉筆画の制作は多くありません。


    《傾城図》は戴斗の時代の貴重な肉筆画。「ムサシシモフサ(武蔵下総)」のように読める印は10点ほどしか例がなく、貴重な作品です。


    《堀河夜討図》は、戦前から名高い名品です。有名な逸話で、頼朝が仕向けた刺客を静御前が察し、義経に武具を渡す場面。上から義経、静御前、弁慶と、動きがあるS字にレイアウト。細密描写も見どころです。


    《菊に蝶文花器》は、アールヌーヴォーのガラス作家、エミール・ガレの作品です。器の下部に『北斎漫画』から引用された蛙のモチーフが見て取れます。


    第4章は「《冨嶽三十六景》誕生」。岡田美術館は冨嶽三十六景の‘三役’と称される「神奈川沖浪裏」「凱風快晴」「山下白雨」を収蔵。会期中に1点ずつ展示されます。


    最後の第5章は「画狂老人卍」。画にかける情熱は年を重ねるごとに強くなり、最晩年でも鬼気迫る創作を続けます。


    《雁図》は「八十八老卍筆」とある事から、数えで88歳の作品。クチバシから覗くギサギサは、カメラのズームでないと見つけられないほどです。


    北斎の画題としては珍しいカラスを描いた《雪中鴉図》。よく見ると、カラスの身体は墨の濃淡だけではなく、藍色も使われている事が分かります。


    写真や動画では紹介できませんが、北斎の春画《浪千鳥》と『萬福和合神』(個人蔵)も展示されています。北斎は知名度のわりに春画の作例は多くありません。


    人気の岡田美術館オリジナルチョコレートは、展覧会にあわせて『波と富士』が登場。「ピーチアプリコット×ベルベンヌ」「ベルガモット×アールグレイ」など8種の味がお楽しみいただけます。ミュージアムショップにてお求めください。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年4月7日 ]



    会場
    岡田美術館
    会期
    2020年4月5日(日)〜9月27日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
    休館日
    会期中無休
    住所
    〒250-0406 神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
    電話 0460-87-3931
    公式サイト https://www.okada-museum.com/
    料金
    一般・大学生 2,800(2,550)円/小・中・高校生 1,800(1,550)円

    ※( )内は前売り料金
    ※前売券は、主要コンビニエンスストア並びにチケットぴあにて販売
    展覧会詳細 生誕260年記念 北斎の肉筆画 ー 版画・春画の名作とともに ー 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催中[あと43日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    2
    板橋区立美術館 | 東京都
    だれも知らないレオ・レオーニ展
    開催中[あと37日]
    2020年10月24日(土)〜2021年1月11日(月)
    3
    北海道立近代美術館 | 北海道
    デビュー50周年 諸星大二郎展
    開催中[あと43日]
    2020年11月21日(土)〜2021年1月17日(日)
    4
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと71日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    5
    三井記念美術館 | 東京都
    国宝の名刀「日向正宗」と武将の美
    開催中[あと53日]
    2020年11月21日(土)〜2021年1月27日(水)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    品川区会計年度任用職員(学芸研究)募集 [品川区役所]
    東京都
    福岡市総合図書館 会計年度任用職員募集 [福岡市総合図書館 ]
    福岡県
    埋蔵文化財担当の豊橋市会計年度任用職員を募集します。 [豊橋市文化財センター]
    愛知県
    <<2021/1/5~3/31>> 芦屋市立美術博物館 受付・監視スタッフ パート募集 [芦屋市立美術博物館]
    兵庫県
    【作品展示・会場設営】美術品オークション会社・アルバイトスタッフ募集!未経験OK [株式会社毎日オークション東京本社]
    東京都

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード