IM
    レポート
    東京オリンピック1964 デザインプロジェクト
    東京国立近代美術館 | 東京都
    東京五輪を支えた和製デザイナー
    約半世紀前の1964年東京オリンピック。戦後日本を象徴するビッグイベントの裏には、多くのデザイナーが関わっていました。東京オリンピックとデザイナーの関係に着目した、ちょっと珍しい企画展です。
    日本デザイン史に残るシンボルマークとポスター
    入口のパネルは、建設中の国立代々木競技場
    亀倉雄策のデザインと、他のデザイン案
    募金寄付付たばこ「オリンピアス」のパッケージ試作品
    開会式で日本選手団が着用したデレゲーションユニフォーム(正装用ブレザー)
    国際行事で全面的にピクトグラムが使われたのは、東京オリンピックがはじめて
    各競技のプログラムは、勝井三雄によるデザイン
    公式ガイドブック、公式報告書、映画『東京オリンピック』
    会場

    3章構成の本展。五輪の前、五輪の開催中、五輪の後と、時間を追って紹介していきます。


    第1章は「東京オリンピックの準備 シンボルマークとポスター」。東京オリンピックの開催が決まったのは1959年、翌年には「デザイン懇談会」が組織され、デザインポリシーが決められました。ただ、懇親会は徐々に機能しなくなり、開催前年になって「デザイン室」が新設。プロジェクトチームに分かれて各種のデザインが進められました。


    東京オリンピックのデザインワークとしてすぐ思い起こされるのは、亀倉雄策によるポスター。短距離のスタートを真横からとらえた1枚は、日本デザイン史に残る傑作と評されています。



    第1章「東京オリンピックの準備 シンボルマークとポスター」


    オリンピックのシンボルマークは、河野鷹思、亀倉雄策、杉浦康平、田中一光、永井一正、稲垣行一郎の6人による指名コンペで争われ、亀倉のデザインが選ばれました。シンプルながら強烈な印象のマークは、絶大な効果を生み出しました。


    このコンペについては、亀倉は締切当日まで提出を忘れていて、組織委員会からの電話を受けて2時間で仕上げたというエピソードも残っています。会場には他のデザイナーの案も紹介されているので、比べて見てください。



    亀倉雄策とシンボルマーク、そして他のデザイナー案


    第2章は「東京オリンピックの開幕 視覚伝達システムの確立」。田中一光がデザインしたタッグ(荷札)、原弘によるIDカードなど、開催中に使われたグッズが並びます。


    非西欧文明圏で初めて開催された東京オリンピック。93カ国から関係者を迎え入れるために、言葉以外で情報を伝達する方法として、ピクトグラム(当時は「アイソタイプ」「絵文字」などと呼ばれていました)が用いられました。


    実は国際行事で全面的にピクトが使われたのは、東京オリンピックがはじめて。その後ピクトの使用が一般的になったことを考えると、その先進性は光ります。



    第2章「東京オリンピックの開幕 視覚伝達システムの確立」


    第3章は「東京オリンピックの記録/記憶 メディアイベントとして」。テレビをはじめとしたメディアにより、東京オリンピックは競技会場で直接試合を見ていない人にも、強い記憶として残されました。


    制作が義務付けられている公式報告書は、原弘による装丁。市川崑が監督した芸術性の高い記録映画は担当大臣の河野一郎が「記録性に欠ける」と批判し、「芸術か記録か」という論争に発展したのも良く知られるところです。ちなみに映画は大ヒットし、約8億円の剰余金を生み出しました。



    第3章「東京オリンピックの記録/記憶 メディアイベントとして」


    大阪万博とクリエイターの関係(岡本太郎や丹下健三など)に言及した展示は時おり見られますが、東京五輪とデザイナーの関係に着目した展示は画期的です。


    東京国立近代美術館の工芸課による企画展。会場はギャラリー4だけと小規模ですが、日本のデザイン界が総力戦で立ち向かっていった熱気が伝わってきます。(取材:2013年2月13日)


    東京オリンピック [DVD]

    ドキュメンタリー映画 市川崑 (脚本)

    東宝
    ¥ 6,300

     

    会場
    会期
    2013年2月13日(水)~5月26日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~17:00(入館は16:30まで)
    ※金曜・土曜は20:00まで開館(入館は19:30まで)
    休館日
    毎週月曜日(3月25日・4月1日・4月8日・4月29日・5月6日は開館)5月7日(火)
    住所
    東京都千代田区北の丸公園3-1
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.momat.go.jp/
    料金
    一般 420円/大学生 130円
    ※当日に限り、「MOMATコレクション」もご覧いただけます。
    ※高校生以下および18歳未満・65歳以上・MOMATパスポートをお持ちの方・キャンパスメンバーズ・障害者手帳をお持ちの方とその付添1名は無料。割引、無料には学生証、年齢のわかるもの、障害者手帳等の提示が必要です。
    展覧会詳細 東京オリンピック1964 デザインプロジェクト 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 国宝 鳥獣戯画のすべて 
    開催中[あと39日]
    2021年4月13日(火)〜5月30日(日)
    2
    サンシャイン水族館 | 東京都
    ざんねんないきもの展2
    開催中[あと39日]
    2020年10月30日(金)〜2021年5月30日(日)
    3
    東京国立近代美術館 | 東京都
    あやしい絵展
    開催中[あと25日]
    2021年3月23日(火)〜5月16日(日)
    4
    山王美術館 | 大阪府
    生誕180年 ルノワール展
    開催中[あと101日]
    2021年3月4日(木)〜7月31日(土)
    5
    Bunkamura ザ・ミュージアム | 東京都
    ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
    開催中[あと67日]
    2021年4月16日(金)〜6月27日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    体験没入型ミュージアム@六本木 運営&ショップマネージャー募集 [六本木ミュージアム]
    東京都
    釧路市立美術館 学芸員(会計年度任用職員)の募集 [釧路市立美術館]
    北海道
    能登川博物館 会計年度任用職員(フルタイム)募集 [東近江市能登川博物館]
    滋賀県
    【山梨県立科学館】運営マネージャー 募集 [山梨県立科学館]
    山梨県
    Bunkamura ザ・ミュージアム 展覧会業務  契約社員/パートタイマー募集 [Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷駅徒歩7分)]
    東京都

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード