IM
    レポート
    ジャック・カロ ― リアリズムと奇想の劇場
    国立西洋美術館 | 東京都
    リアリズムと奇想の共演
    17世紀初頭のロレーヌ公国(現在はフランスの一部)で活躍した、西洋美術史を代表する版画家ジャック・カロ(1592-1635)。初期から晩年まで活動の軌跡を辿る企画展が、国立西洋美術館で開催中です。
    (左から)《フェルディナンド1世の結婚》《娘たちを結婚させる大公妃》
    第1章「ローマ、そしてフィレンツェへ」
    第2章「メディチ家の版画家」
    (左から)《ファルスブール公ルイ・ド・ロレーヌの騎馬像》《ナンシーの競技場》
    第6章「戦争」
    (右)《絞首刑》
    左から《ルーヴル宮の見える光景》《ポン・ヌフの見える光景》
    会場には2機の「みどころルーペ」も
    会場入口
    わずか40数年の生涯で、1,400点以上の銅版画を残したジャック・カロ。イタリアではメディチ家の宮廷附き版画家に抜擢され、帰郷後もロレーヌ内外の宮廷や貴族たちの注文に応えて名声を広め、華々しく活躍しました。

    作品のテーマも実に多彩です。風景や町などの実在する風景から、奇想に溢れた世界まで、社会が求めていた関心を敏感に察知しながら、斬新に表現していきました。


    会場入口から

    展覧会は7章で構成されます。

     1章「ローマ、そしてフィレンツェへ」
     2章「メディチ家の版画家」
     3章「アウトサイダーたち」
     4章「ロレーヌの宮廷」
     5章「宗教」
     6章「戦争」
     7章「風景」

    国立西洋美術館が所蔵する約400点のカロの版画から、本展では約220点が出展。その世界に迫っていきます。


    4章「ロレーヌの宮廷」

    カロの作品で最も良く知られているのが、連作〈戦争の悲惨(大)〉です。傭兵たちの軍籍登録、戦中の蛮勇と狼藉、戦後の報復や裁きを18点(表題紙含む)で描いたもので、凄惨な描写も目につきます。

    作品が印刷された1663年は、フランス軍がロレーヌ公国に侵攻した年。そのため、この作品はフランスへの抗議として制作されたという説もありましたが、かなり前から作られていた事が分かると、この説は下火になりました。むしろ、カロ自身の暴力的な描写などへの関心が制作動機になっているという考え方が、現在では有力です。


    6章「戦争」

    会場内には、触って楽しめる「みどころルーペ」も2カ所に設置されています。

    DNP大日本印刷が開発した展示装置で、大型ディスプレイ上の絵をタッチすると、その部分を拡大して楽しむ事ができるすぐれもの。特にジャック・カロのように精密な作品には効果抜群で、建物の中に描かれた小さな人物まで、じっくりと楽しむ事ができます。


    「みどころルーペ」

    企画展示室の後半では、作家の平野啓一郎さんをゲストキュレーターに迎え、平野さんの芸術観で館蔵作品を紹介する「非日常からの呼び声 平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品」展も開催中。同じ観覧券で続けてご覧いただけます。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年4月8日 ]

    Princes and Paupers: The Art of Jacques Callot (Museum of Fine Arts, Houston)

    Dena Woodall (著), Diane Wolfthal (著)

    Museum Fine Arts Houston
    ¥ 5,567

     
    会場
    会期
    2014年4月8日(火)~6月15日(日)
    開館時間
    通常=9:30~17:30
    毎週金曜日=9:30~20:00
    (入館は閉館30分前まで)

    ※開館日時等は変更になる可能性があります。最新の情報は美術館ホームページをご確認ください。
    休館日
    月曜日(ただし、5月5日は開館)、5月7日(水)
    住所
    東京都台東区上野公園7-7
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.nmwa.go.jp/jp/
    料金
    一般 600(400)円/大学生 300(150)円
    ※()内は20名以上の団体料金
    ※高校生以下および18歳未満の方は無料(入館の際に学生証または年齢の確認できるものをご提示ください。)
    ※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)
    展覧会詳細 ジャック・カロ ― リアリズムと奇想の劇場 詳細情報
    展覧会ランキング
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと5日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと25日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと68日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート - 人知れず表現し続ける者たち -
    開催中[あと26日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと26日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京都江戸東京博物館 | 東京都
    発掘された日本列島2020
    IM レポート
    IM レポート
    読者 レポート
    あべのハルカス美術館 | 大阪府
    ムーミン展 THE ART AND THE STORY
    学芸員募集
    令和3年度採用恵庭市職員 事務職(学芸員)の募集 [恵庭市役所]
    北海道
    秩父宮記念スポーツ博物館・事務補助者(学芸補助) [秩父宮記念スポーツ博物館]
    東京都
    高知市一般任期付職員(埋蔵文化財発掘調査員)募集 [高知市埋蔵文化財作業所他]
    高知県
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県