IM
    レポート
    実相寺昭雄展 ウルトラマンからオペラ「魔笛」まで
    川崎市市民ミュージアム | 神奈川県
    奇才の趣味人、実相寺昭雄ワールド
    個性的な演出はエキセントリックと称され、時に会社上層部との軋轢を生みながらも独自の世界を築いた、映画監督・実相寺昭雄(じっそうじあきお)。ウルトラマンから映画、CM、オペラ。電車少年かつ音楽少年。枠に収まりきらない奇才の魅力に迫る展覧会が、川崎市市民ミュージアムで開催中です。
    展覧会入り口。肖像写真の右側に見えるのは…
    もちろん怪獣「ジャミラ」。ジャミラの悲しい物語をご存知無い方は、ネットでお調べください。
    実相寺昭雄自筆原画 シーボーズ 『ウルトラマンの東京』 (筑摩書房 2003年刊)より◇怪獣画ですが情緒を感じます。
    生粋の電車好きだった実相寺氏。こだわりが感じられます。
    フライヤーにも使われている自画像は、平成10年、61歳の時のもの。紙は高松東急インの便箋でした。
    映画「帝都物語」関連。公開当時は大きな話題を呼びました。
    オペラ「魔笛」の衣装。衣装デザインは漫画家の加藤礼次郎氏。
    実相寺氏の書斎の再現。実相寺氏は「けろけろけろっぴ」の大ファンでした。
    川崎市市民ミュージアムの外観。黒い塊は、シンボルモニュメントのトーマス転炉。
    特撮テレビ番組「ウルトラマン」シリーズの監督として知られる、実相寺昭雄(1937~2006)。生前は川崎市の百合ヶ丘に在住していた縁で、没後、作品や台本、スケッチ、写真などの関連資料が川崎市に寄贈されました。今回の展覧会では映画・映像作品の資料から愛用品や書画までを展示し、実相寺ワールドを多面的に紹介していきます。

    実相寺昭雄は1934年にTBSテレビに入社。ドラマや歌番組を手がけますが、斬新な演出はなかなか理解されませんでした。年末番組では美空ひばりを超クローズアップにしたかと思うと豆粒ほどに小さく撮るという大胆さで、そのスタイルは何度も局内の顰蹙を買い、次第にTBS内での居場所を失ってしまいます。

    ウルトラマン撮影時の絵コンテや台本など。

    そんな実相寺の才能を認めていたのが、円谷一(はじめ)。特撮の神様である円谷英治の長男で、TBSの先輩でもあった円谷一の計らいで実相寺は円谷プロに派遣され、その才能を活かしはじめます。ウルトラマンシリーズでは「故郷は地球」(ウルトラ怪獣はジャミラ)、「怪獣墓場」(同シーボーズ)などを監督。その作品は子ども番組でありながらテーマ性が強く、実験的な手法も取り入れられています。

    1979年には11年務めたTBSを退社。同年、監督した映画「無常」はロカルノ国際映画祭でグランプリを受賞するなど、活動の場を大きく広げていきました。その後もCMやテレビ番組、映画などを演出。14歳の薬師丸ひろ子を起用した資生堂の口紅CM、大作映画「帝都物語」など、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

    自筆の絵画。とても味があります。

    また実相寺は、十代の頃から東京交響楽団の定期演奏会に足を運ぶなど、熱心な音楽少年でもありました。音楽にまつわる仕事は喜んで手がけており、中でも2005年に手がけたオペラ「魔笛」は、衣装デザインに漫画家(加藤礼次郎)を起用したり、ウルトラ怪獣が登場するなど、大胆な演出は賛否両論を呼びました。ふだんオペラとは程遠い客層を掘り起こすことに成功し、実相寺の死後も繰り返し再演されています。

    多趣味で知られる実相寺は、映像監督や音楽関連以外にも小説、紀行文、エッセイの執筆から、果ては食玩「昭和情景博物館」の監修まで、幅広く活躍し続けました。会場には実相寺へのメッセージボードも置かれ、死してなおファンを魅了し続ける実相寺に、数多くのメッセージが残されていました。

     


    川崎市市民ミュージアムは1988年に開館した博物館と美術館の複合文化施設です。博物館は川崎の成り立ちと歩みを考古、歴史、民俗などの資料で紹介、美術館はポスター、写真、漫画、映画、ビデオなど近現代の表現を中心に紹介しています。陸上競技場や野球場、アリーナ施設などを備えた広大な等々力緑地内にあり、ジョギングや散歩に来ている市民の姿も多く見かける、地域に愛されている施設です。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年7月26日 ]
     
    会場
    会期
    2011年7月16日(土)~9月4日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:30~17:00(入館は16:30まで)
    休館日
    月曜日(祝日・国民の休日の場合は開館)、祝日・国民の休日の翌日(土・日・祝の場合は開館)、年末年始
    住所
    神奈川県川崎市中原区等々力1-2
    電話 044-754-4500
    公式サイト http://www.kawasaki-museum.jp/
    展覧会詳細 実相寺昭雄展 ウルトラマンからオペラ「魔笛」まで 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    国立工芸館研究補佐員(学芸業務)公募 [国立工芸館]
    石川県
    【パート】神戸海洋博物館 運営スタッフ 募集! [神戸市中央区波止場町2-2(神戸海洋博物館)]
    兵庫県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと138日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと27日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと13日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと20日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと20日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)