IM
    レポート
    大観・春草・御舟と日本美術院の画家たち
    岡田美術館 | 神奈川県
    箱根の新名所、1周年は「巨大な大観」と「幻の御舟」
    箱根・小涌谷に昨年10月に開館した岡田美術館。広い展示室と質の高い所蔵品で開館時は美術ファンを喜ばせてくれましたが、もう1周年を迎えました。記念の展覧会は「巨大な大観」と「幻の御舟」がそろい踏みです。
    横山大観《霊峰一文字》
    横山大観《霊峰一文字》
    (左から)菱田春草《松間の月》 / 菱田春草《瀑布の図》
    速水御舟《木蓮(春園麗華)》
    橋本雅邦《四季山水図屏風》
    川合玉堂《渓山錦秋》
    (左から)小茂田青樹《粟に蜻蛉》 / 小茂田青樹《雪日》
    (左から)川合玉堂《冨嶽》 / 木村武山《葦に鳥図屏風》
    横山大観《雨後嵐峡》
    緑豊かな箱根の地に、華々しく開館した岡田美術館。今年4月には、66年ぶりに発見された喜多川歌麿の大作《深川の雪》も公開され、大きな話題を呼びました。

    本展は開館一周年の記念展。日本美術院の同人や、関連する画家の作品を紹介する企画です。


    4階の企画展会場入口から

    東京美術学校(東京藝術大学の前身)を追われた岡倉天心が1898(明治31)年に結成した美術団体・日本美術院。天心の没後、横山大観と下村観山が中心になって再興され、今もなお活発に活動を続けています。一世紀を超える歴史を持つ民間の美術団体は、世界でも類を見ません。

    日本美術院に関連する作品を多数所蔵する岡田美術館。本展では展覧会名にある横山大観・菱田春草・速水御舟をはじめ、橋本雅邦・下村観山・川合玉堂・小茂田青樹・小林古径・前田青邨・小倉遊亀ら、明治から昭和にかけて日本画を牽引した大家の作品を揃えました。


    会場

    本展は4階での開催ですが、横山大観《霊峰一文字》だけは2階で展示。絵が描かれている画面だけでも縦約1メートル、横約9メートルという巨大な作品のため、展示にもかなりのスペースが必要です。

    「富士山の画家」として知られる大観。重要文化財《生々流転》(東京国立近代美術館蔵)のように長大な図巻も描いていますが、本作は富士山の絵画としては文句なしの最大級です。

    作品は文楽の舞台用に描かれたもの。これだけの大画面にも関わらず絹地に継ぎ目が無い事から、特別にこの絵のために織られた事が分かります。実はこの絵が贈られた大阪の御霊文楽座は、1926年に火災で全焼。この絵は前日に地方巡業のために持ち出されていたため無事だったという強運エピソードも残ります。


    横山大観《霊峰一文字》。「古典藝術の為に 竹本津太夫君に贈る」と記されています

    展覧会のもうひとつの目玉が、速水御舟の《木蓮(春園麗華)》。御舟といえば重要文化財の《炎舞》(山種美術館蔵)などが知られますが、この作品も御舟が32歳の時に開いた初個展で《炎舞》とともに出展された作品です。

    赤々と燃え上げる炎を描いた《炎舞》とは対照的に、《木蓮(春園麗華)》は濃淡だけで表現された墨絵。ただ、じっと見ていると紫色の花びらが浮かんでくるような印象を覚えます。

    1980(昭和55)年に京都国立近代美術館で公開されていますが、展覧会での出品は実にそれ以来。このたび岡田美術館に新たに収蔵され、34年ぶりのお目見えとなりました。


    速水御舟の《木蓮(春園麗華)》。箱に残る「木蓮」の墨書は御舟による自筆

    開館一年を迎えてミュージアム・ショップや飲食スペースも徐々に整備が進み、箱根の新名所として益々存在感を増す岡田美術館。本展では毎週金曜日の学芸員によるギャラリートークのほか、12月10日(水)、2015年1月21日(水)、2月18日(水)、3月25日(水)には小林忠館長によるギャラリートークも開催中。いずれも午前11時~、申込不要・参加無料(要入館料)です。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年11月11日 ]

    ※なお、喜多川歌麿「深川の雪」は現在展示されておりません

    もっと知りたい菱田春草―生涯と作品

    鶴見 香織 (著), 尾崎 正明 (監修)

    東京美術
    ¥ 1,944

     
    会場
    会期
    2014年10月4日(土)~2015年3月31日(火)
    会期終了
    開館時間
    午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
    休館日
    12月31日(水)、1月1日(木)
    住所
    神奈川県箱根町小涌谷493-1
    電話 0460-87-3931
    公式サイト http://www.okada-museum.com/
    料金
    一般・大学生 2,800円
    小中高生 1,800円
    団体割引(10名以上)あり
    障害者手帳をお持ちの方
     (1)ご本人のみの場合1,800円
     (2)介護者ありの場合、ご本人は通常料金、付添の方は無料

    美術館ご利用の方は、駐車場・足湯入湯料無料
    庭園・足湯のみご利用の方は、1時間駐車場無料(以降1時間につき500円)
    庭園料:300円
    足湯入湯料:500円
    展覧会詳細 大観・春草・御舟と日本美術院の画家たち 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    科学館・館外イベント運営担当者募集!(大阪市西区の科学館) [大阪市西区の科学館]
    大阪府
    広島県教育委員会職員(学芸員)採用選考試験 [歴史民俗資料館,歴史博物館等]
    広島県
    国立工芸館任期付研究員(教育普及担当) 公募 [国立工芸館]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと40日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    2
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    もうすぐ終了[あと12日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    3
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと19日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    4
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと19日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと26日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)