IM
    レポート
    開館50周年記念 美の祝典Ⅲ― 江戸絵画の華やぎ
    出光美術館 | 東京都
    今と同じ?世論に敗れた権力者
    3期に分けて開催されていた出光美術館の開館50周年記念展「美の祝典」、第三部は江戸絵画がテーマです。長い戦乱の世を経て徳川が治める太平の時代になると、社会の安定とともに東西の交流が活発になり、我が国の芸術文化は飛躍的に発展していきました。浮世絵から江戸琳派まで、江戸絵画の諸相を展観します。
    《風神雷神図屏風》酒井抱一 江戸時代
    重要文化財《更衣美人図》喜多川歌麿 江戸時代
    《洛中洛外図屏風》 江戸時代
    《南蛮屏風》 桃山時代
    国宝《伴大納言絵巻》(下巻)平安時代
    重要美術品《禊図屏風》伝 尾形光琳 江戸時代
    《紅白梅図屏風》酒井抱一 江戸時代
    《十二ヵ月花鳥図貼付屏風》酒井抱一 江戸時代
    《四季花木図屏風》鈴木其一 江戸時代
    華やかな作品が並ぶ第三部、まずは肉筆浮世絵からご紹介します。襟元に風を送る色っぽい女性像は、重要文化財《更衣美人図》。美人画の第一人者、喜多川歌麿の作品です。双幅の《春秋二美人図》は葛飾北斎、柔和な表現で並んだふたりは、歌川豊春の門人だった歌川豊広による《真崎稲荷参詣図》です。

    鳥文斎栄之は、画業の後半は主に肉筆を好んで手掛けた浮世絵師です。作風は気高く、何を描いても実に上品。旗本出身という異色の経歴が関係しているのかもしれません。


    肉筆浮世絵も逸品が

    今回も屏風が多数出展されています。重要文化財の《祇園祭礼図屏風》をはじめ、二条城を左隻中央に配した典型的な構図の《洛中洛外図屏風》、異様な南蛮人に加え動物もユニークな《南蛮屏風》など、見ごたえたっぷりです。

    《江戸名所図屏風》は、2015年に重要文化財に指定されたばかり。江戸時代初期に描かれた作品で、この種の屏風としては最初期の作品になります。画面を覆いつくす人々はどの顔も生気にあふれており、賑やかな江戸の姿を今に伝えます。


    豪華な屏風が並びます

    国宝「伴大納言絵巻」はエンディングにあたる下巻です。中巻で描かれた子どもの喧嘩がきっかけになって、伴大納言の疑惑は拡大。噂が人々によって広まり、ついに朝廷まで。伴大納言は逮捕されてしまいます。世論に押されるかたちで権力者が失墜するさまは、何やら現代の世相と似ているようにも思えます。

    大納言の家は絶望感につつまれ、涙ながらに見送る人の姿も。伴大納言自身の姿は描かれていませんが、ちらりと見える袖からは寂寥感が漂います。


    国宝《伴大納言絵巻》(下巻)

    大きな展示室では、酒井抱一の作品がずらり。酒井抱一は姫路藩主の弟という名門の家柄ですが、、尾形光琳に私淑し江戸で琳派を再興した絵師。もし抱一がいなければ、日本的な美の象徴とも讃えられる琳派の系譜は断絶していたかもしれません。

    銀地を背景にした《紅白梅図屏風》は、まるで現代美術のよう。《風神雷神図屏風》は先行する作品よりユニークさが強調されています。《十二ヵ月花鳥図貼付屏風》も、動植物の描写が実に見事。動画では見えにくいですが、両隻に月と日が対照的にあしらわれていますので、ぜひ会場でお楽しみください。


    琳派の大功労者、酒井抱一

    やまと絵を紹介した第一部、水墨画・文人画にスポットを当てた第二部と、これまでも逸品が続々と展示されてきましたが、風神雷神図をはじめとしたこのラインナップを待っていた方も多いのではないでしょうか。今回も会期は短く、ほぼ1カ月。一般的に、企画展は後半のほうが混雑します。お早目にどうぞ。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年6月16日 ]

    古代史から解く伴大納言絵巻の謎古代史から解く伴大納言絵巻の謎

    倉西 裕子 (著)

    勉誠出版
    ¥ 2,592


    ■出光美術館 美の祝典 に関するツイート


     
    会場
    会期
    2016年6月17日(金)~7月18日(月・祝)
    会期終了
    開館時間
    午前10時~午後4時(入館は午後3時30分まで)
    休館日
    毎週月曜日(ただし月曜日が祝日および振替休日の場合は開館、翌日休館)
    年末年始および展示替期間
    住所
    東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
    電話 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/
    料金
    一般 1,000円/高大生 700円
    ※20名以上の団体は各200円引き
    ※中学生以下は無料(保護者の同伴が必要です)
    展覧会詳細 開館50周年記念 美の祝典Ⅲ― 江戸絵画の華やぎ 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
    東京都
    はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
    広島県
    ECサイト運営担当募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    広報・PR担当リーダー募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    イベントやグッズなど企画マネージャー募集!【2023年秋OPEN/杉並区に誕生する体験型学習施設】 [杉並区内の科学館 *2023年秋オープン予定 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2丁目14-13]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
    BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
    もうすぐ終了[あと13日]
    2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと83日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    3
    静嘉堂文庫美術館 | 東京都
    響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
    開催中[あと20日]
    2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
    4
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    開催中[あと69日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
    開催中[あと55日]
    2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)