#民芸・民具: レポート一覧

全 8件
5
柳宗悦が説いた「民藝」とはなにか。「衣・食・住」をテーマにひも解く
「これからの民藝スタイル」を提案する、インスタレーション作品も展示
民藝ファンには憧れの老舗の名品・人気の工房が集結した特設ショップも
会場
世田谷美術館
会期
2024年4月24日(水)〜6月30日(日)
開催中[あと34日]
4
染色家・柚木沙弥郎の生誕100年を記念。初作品から近作にいたる作品を紹介
様々な模様と澄んだ色彩で、親しみやすく幸福感をもたらしてくれる柚木作品
2階の大展示室では、日本民藝館が所蔵する古作ともコラボレーションを展開
会場
日本民藝館
会期
2023年1月13日(金)〜4月2日(日)
会期終了
0
東北の豊かな文化や建築、生活用品に注目した人々の動向を紹介する展覧会
タウトや柳宗悦、ぺリアン、今和次郎らは東北地方で何を見ようとしたのか
こけしや土人形、張子人形など、大人の趣味・収集の対象となった郷土玩具
会場
東京ステーションギャラリー
会期
2022年7月23日(土)〜9月25日(日)
会期終了
5
今年5月15日で復帰50年、かつての琉球王国ゆかりの歴史と文化を振り返る
色とりどりの玉で飾られた玉冠、衣裳、刀剣など国宝「尚家宝物」が一堂に
古琉球時代を今に伝える出土品や、伝統的な技を復活させた模造復元作品も
会場
東京国立博物館 平成館
会期
2022年5月3日(火)〜6月26日(日)
会期終了
1
西アジア地域の遊牧民による塩袋、ギャッベ、絨毯など、羊毛織りの染織品
家畜の食用として、塩は遊牧民の必需品。塩袋に頭を突っ込まれない工夫も
ギャッベは遊牧生活でつくられた日用品、素朴な味わいとデザインが魅力的
会場
たばこと塩の博物館 2階特別展示室
会期
2022年2月26日(土)〜5月15日(日)
会期終了
6
創作活動は70年を超える、染色家・アーティストとして活躍する柚木沙弥郎
人や動物、幾何学模様が型染された色鮮やかなユーモア溢れる“布の森”
宮沢賢治の《アメニモマケズ》など、子どもたちの心に寄り添った絵本も
会場
PLAY! MUSEUM
会期
2021年11月20日(土)〜2022年1月30日(日)
会期終了
5
柳宗悦が中心になって興った民藝運動。その歴史を膨大な作品と資料で通覧
観光ブーム、戦争と国家、高度経済成長…。近代化の歩みと表裏一体の民藝
李朝陶磁器展覧会に出展された3つの壺が揃い踏み、巨大な民藝地図も必見
会場
東京国立近代美術館
会期
2021年10月26日(火)〜2022年2月13日(日)
会期終了
1
「生まれ戻った」改修工事、大展示室は大谷石と葛布で開館当時の雰囲気に
建物自体が民藝の象徴、この3月には本館と西館が東京都指定有形文化財に
改修記念の展覧会では、柳宗悦の想いを今に伝える古作の逸品を一気に公開
会場
日本民藝館
会期
2021年4月4日(日)〜6月27日(日)
会期終了
おすすめレポート
学芸員募集
(公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
東京都
荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
三条市歴史民俗産業資料館(月給)学芸員募集! [三条市歴史民俗産業資料館]
新潟県
町田市民文学館ことばらんど 学芸員・教育普及担当(会計年度任用職員)募集! [町田市民文学館ことばらんど]
東京都
展覧会ランキング
1
皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
第4期「三の丸尚蔵館の名品」
開催中[あと27日]
2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
2
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと131日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
3
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと20日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
4
森アーツセンターギャラリー | 東京都
MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
もうすぐ終了[あと6日]
2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
5
東京都美術館 | 東京都
デ・キリコ展
開催中[あと94日]
2024年4月27日(土)〜8月29日(木)