《『辺要分界図考(南部家本)』より「舟ヲ犬ニ牽スル図」》

この作品の応援メッセージを見る

『辺要分界図考(南部家本)』より「舟ヲ犬ニ牽スル図」

もりおか歴史文化館

江戸時代末期の探検家・近藤守重(重蔵)により文化元(1804)年に著された『辺要分界図考』第3 冊の一部を抜粋した資料。上下2 巻から成り、「チュプカ(千島列島)」と「樺太(サハリン)」の自然と文化について記されています。
下巻のこの場面に描かれるのは、舟につながれたイヌたちです。オスイヌ数頭を舟につなぎその前にメスイヌを放すことで、メスを追うオスの力を使って舟を進める様子である旨の解説が添えられています。描かれた場面を詳しく知った上で再び作品に目を向けると、後ろを振り返る白いメスイヌの表情がなんとも色っぽく見えてきます。

担当者からのコメント:現在の岩手県北上市以北から青森県東部にかけて広がっていた盛岡藩は、江戸時代後期、幕命によって蝦夷地警衛の任に着きました。モロラン(現在の室蘭)に陣屋を築き、多くの藩士たちが現在の北海道に赴いたのです。盛岡藩にとって身近でありながらも謎に包まれた存在であった蝦夷地の情報を収集することは、単なる興味の範囲を超えて、幕末へと向かう動乱期を生き残るために非常に重要なことでした。本資料のほかにも、盛岡藩主南部家には数多くの蝦夷地関連資料が残されており、その関心の高さがうかがえます。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
大阪府
【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
愛知県
【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
千葉県
令和6年度公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団 調査研究員(正規職員)募集 [公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団]
群馬県
しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
東京都
展覧会ランキング
1
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと82日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
2
SOMPO美術館 | 東京都
ロートレック展 時をつかむ線
開催中[あと70日]
2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
3
国立新美術館 | 東京都
CLAMP展
開催中[あと70日]
2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
4
日本科学未来館 | 東京都
刀剣乱舞で学ぶ 日本刀と未来展 -刀剣男士のひみつ-
開催中[あと91日]
2024年7月10日(水)〜10月14日(月)
5
東京国立博物館 | 東京都
カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
もうすぐ終了[あと13日]
2024年6月12日(水)〜7月28日(日)