《丑紅の景物 臥牛の人形》

このキャラの応援メッセージを見る


丑紅の景物 臥牛の人形 作者不詳、江戸時代末期

紅ミュージアム


丑紅とは、寒中の丑の日に販売した化粧用の紅(紅花の花びらから作られる化粧料)の俗称です。寒中に作られた紅は「寒紅」と呼ばれ、品質・発色の上で優れていました。丑の日には、紅屋は「うしべに(丑紅)」と書いた張り紙を店頭に出し、紅の購入者に臥牛の人形を景品として配りました。この収蔵品は今戸焼の土人形で、大形・中形・小形の三種、素焼きのものと着色したものとの二種があり、紅の購入量に応じて異なる人形を配布したそうです。


担当者からのコメント

当館は、江戸時代後期から続く紅屋「伊勢半本店」が運営しています。現在も、丑紅のキャンペーンを毎年実施中。12・1月にミュージアムショップで小町紅をお買い求めのお客様に、収蔵品を模した牛の置物をお渡ししています。丑紅以外にも、江戸時代の紅屋は様々な販売戦略を講じていました。臥牛の人形とあわせ、その取組みをぜひ常設展でご覧ください。

このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
虎屋グループの会社が運営する文化施設で管理職募集! [御殿場市東山旧岸邸]
静岡県
東京オペラシティアートギャラリー、事務職員募集中! [東京オペラシティアートギャラリー]
東京都
はつかいち美術ギャラリー 学芸員募集中! [はつかいち美術ギャラリー]
広島県
山梨県立科学館 インフォメーションスタッフ募集 [山梨県立科学館]
山梨県
【令和5年度採用】鳥取市歴史博物館 学芸員(正職員/美術系)募集について [鳥取市歴史博物館(やまびこ館)]
鳥取県
展覧会ランキング
1
寺田倉庫 B&C HALL・E HALL | 東京都
BETTY CATROUX - YVES SAINT LAURENT 唯一無二の女性展
もうすぐ終了[あと3日]
2022年11月19日(土)〜12月11日(日)
2
静嘉堂文庫美術館 | 東京都
響きあう名宝 ― 曜変・琳派のかがやき ―
もうすぐ終了[あと10日]
2022年10月1日(土)〜12月18日(日)
3
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
開催中[あと59日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
4
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと73日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
5
国立西洋美術館 | 東京都
ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展
開催中[あと45日]
2022年10月8日(土)〜2023年1月22日(日)