《丑紅の景物 臥牛の人形》

この作品の応援メッセージを見る


丑紅の景物 臥牛の人形 作者不詳、江戸時代末期

紅ミュージアム


丑紅とは、寒中の丑の日に販売した化粧用の紅(紅花の花びらから作られる化粧料)の俗称です。寒中に作られた紅は「寒紅」と呼ばれ、品質・発色の上で優れていました。丑の日には、紅屋は「うしべに(丑紅)」と書いた張り紙を店頭に出し、紅の購入者に臥牛の人形を景品として配りました。この収蔵品は今戸焼の土人形で、大形・中形・小形の三種、素焼きのものと着色したものとの二種があり、紅の購入量に応じて異なる人形を配布したそうです。


担当者からのコメント

当館は、江戸時代後期から続く紅屋「伊勢半本店」が運営しています。現在も、丑紅のキャンペーンを毎年実施中。12・1月にミュージアムショップで小町紅をお買い求めのお客様に、収蔵品を模した牛の置物をお渡ししています。丑紅以外にも、江戸時代の紅屋は様々な販売戦略を講じていました。臥牛の人形とあわせ、その取組みをぜひ常設展でご覧ください。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
東京都
大阪府立博物館 学芸員募集(考古・古代史) [大阪府立近つ飛鳥博物館 又は 大阪府立弥生文化博物館]
大阪府
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
埼玉県
公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団 文芸企画員(特別雇用職員)募集中 [三鷹市吉村昭書斎]
東京都
展覧会ランキング
1
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと61日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
2
東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
逆境回顧録 大カイジ展
開催中[あと26日]
2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
3
大阪中之島美術館 | 大阪府
没後50年 福田平八郎展
開催中[あと20日]
2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
4
SOMPO美術館 | 東京都
北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
開催中[あと54日]
2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
5
東北歴史博物館 | 宮城県
世界遺産 大シルクロード展
開催中[あと54日]
2024年4月9日(火)〜6月9日(日)