《牡丹花肖柏図屏風》

この作品の応援メッセージを見る


牡丹花肖柏図屏風 長沢蘆雪 江戸時代中期 18世紀後半

岡田美術館


あたりが夕焼けに染まる頃、お坊さん姿の男性が牛の背にのって恍惚とした表情をしています。室町時代の歌人で連歌師の肖柏(しょうはく、1443-1527)が「外出の際は必ず牛に乗った。牛の角を金色に塗ってあるのを人に笑われても動じなかった」という平生の様子を屏風の一双に描いたものです。肖柏は牡丹の花をこよなく愛し、「牡丹花」と名乗るほどだったので、牛の頭が牡丹の花で飾られています。

しっぽの揺れるお尻をこちらに向けるという、ユニークな牛の姿を描いたのは、江戸時代半ばの京都で、円山応挙(まるやまおうきょ)の有力な門人として活躍した長沢蘆雪(ろせつ、1754~99)です。花と酒を愛し、自然体で悠々とした肖柏の生き方に、蘆雪は共感していたのでしょうか。持ち前の大らかな墨づかいを存分に発揮して、雄大な風景のなかに肖柏と牛を描き出しています。


担当者からのコメント

岡田美術館で開催中の「没後220年 画遊人・若冲―」展(~2021年3月28日まで)でこの屏風を展示しています。本展は、当館に収蔵される伊藤若冲の作品7件を中心に、関連する画家の絵を併せて展示するもので、蘆雪は「(若冲と)同時代の5人の絵師」の1人として登場します。他の4人は、蘆雪の先生であった応挙と与謝蕪村、池大雅、曾我蕭白です。尾形光琳・乾山兄弟の絵や、京の雅を伝える金屏風も含めた盛沢山の展覧会ですので、ぜひお越しください。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
東京都
大阪府立博物館 学芸員募集(考古・古代史) [大阪府立近つ飛鳥博物館 又は 大阪府立弥生文化博物館]
大阪府
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
埼玉県
高知県立坂本龍馬記念館 学芸員募集中! [高知県立坂本龍馬記念館]
高知県
展覧会ランキング
1
東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
逆境回顧録 大カイジ展
開催中[あと29日]
2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
2
SOMPO美術館 | 東京都
北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
開催中[あと57日]
2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
3
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと64日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
4
佐川美術館 | 滋賀県
ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
開催中[あと57日]
2024年3月30日(土)〜6月9日(日)
5
東京国立博物館 | 東京都
特別展「中尊寺金色堂」
もうすぐ終了[あと1日]
2024年1月23日(火)〜4月14日(日)