《百人一首乳母か縁説 元良親王》

この作品の応援メッセージを見る


百人一首乳母か縁説 元良親王 葛飾北斎 江戸時代 天保6(1835)年 すみだ北斎美術館蔵

すみだ北斎美術館


「百人一首うはかゑとき」は、乳母が子どもに百人一首をわかりやすく絵解きするため歌意を絵画化した、北斎最後の大判錦絵のシリーズです。この作品は平安時代の歌人元良親王の「わびぬれば今はたおなじ難波なる身をつくしても逢はむとぞ思ふ」が題材です。本図も歌意と絵の関係性を読み取るのが難しいですが、本シリーズの絵は全体的に難解だったため、27図しか出版されませんでした。


担当者からのコメント

北斎は文政年間(1818-30)になると、動物の目を特徴的に描くようになります。いくつか種類がありますが、本図のように、への字に目尻を細くした目であったり、ボリューム感のあるつぶれた丸い形の目であったりします。黒目にも形をつけて表情をだしています。全体的にぬめりとしたような目で、どこか遠くをみているようにみえます。実際の動物の目とは異なりますので、絵画のなかで生きているようにみせるための北斎の手法です。かわいらしくみえる場合や、憎らしくみえる場合もありますが、北斎が描く動物はどこか愛嬌があるように感じられます。南蘋派など諸流派の絵画を勉強し、画道を追及し続けた北斎が描く牛の目にも、ご注目ください。


この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
東京都
大阪府立博物館 学芸員募集(考古・古代史) [大阪府立近つ飛鳥博物館 又は 大阪府立弥生文化博物館]
大阪府
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
埼玉県
公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団 文芸企画員(特別雇用職員)募集中 [三鷹市吉村昭書斎]
東京都
展覧会ランキング
1
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと61日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
2
東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
逆境回顧録 大カイジ展
開催中[あと26日]
2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
3
大阪中之島美術館 | 大阪府
没後50年 福田平八郎展
開催中[あと20日]
2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
4
SOMPO美術館 | 東京都
北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
開催中[あと54日]
2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
5
東北歴史博物館 | 宮城県
世界遺産 大シルクロード展
開催中[あと54日]
2024年4月9日(火)〜6月9日(日)