《四季花鳥図屏風》

この作品の応援メッセージを見る


上:右隻 下:左隻

《四季花鳥図屏風》 狩野元信 弘治3年(1557)頃 六曲一双

泰巖歴史美術館


作者の狩野元信(?―1559)は室町時代の絵師で、狩野永徳の祖父にあたります。元信は狩野派画風を確立し、狩野派繁栄の礎を築きました。
作品は四季の景色の中に虎や鶏の親子、孔雀の番や魚、鴨など、様々な動物たちが淡い濃淡と精緻な筆使いで描かれています。両隻の下端の署名から、元信晩年の作品と分かります。


担当者からのコメント

巧みな画面構成によって空間の広がりが感じられる作品です。季節の移ろいの中で動物たちが様々な表情を見せていますが、特にユーモラスな虎の表情が印象的です。
《四季花鳥図屏風》は泰巖歴史美術館常設展にて2022年1月12日(水)から展示予定です。皆様のお越しをお待ちしております。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
千葉県
(公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
東京都
荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
【東京国立博物館】 学芸企画部博物館教育課教育普及室有期雇用職員 [東京国立博物館]
東京都
展覧会ランキング
1
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
もうすぐ終了[あと4日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
2
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと115日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
3
皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
第4期「三の丸尚蔵館の名品」
もうすぐ終了[あと11日]
2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
4
静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
超・日本刀入門 revive
開催まであと10日
2024年6月22日(土)〜8月25日(日)
5
東京国立博物館 | 東京都
カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
開催中[あと46日]
2024年6月12日(水)〜7月28日(日)