《トラフグ図版》

このキャラの応援メッセージを見る

《トラフグ図版》 東京帝国大学紀要医学1巻よりBeitraege zur Kenntniss des Fugugiftes. Dr. D. Takahashi und Dr. Y. Inoko. Taf XI Fig.1 明治25(1892)年 石版画に彩色

JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」


「フグ毒の知識への貢献」と題された論文に添付されたカラー図版。上図(Fig.1)がトラフグ(下図はゴマフグ)。著者の猪子吉人(いのこ きちんど、1866-1893)は東京帝国大学医科大学助教授。東京帝国大学医科大学の初代薬物学教授であった高橋順太郎(1856-1920)のもとでフグ毒の研究を進めた。
トラフグは漢字で書けば「虎河豚」となり、まさに虎なのだが、実は名前の由来がはっきりしていない。他の動植物で「トラ」とつくものは明確な縞模様、特に黄色と黒の模様であることが多く、はたしてトラフグの模様が名前の由来かどうかは不明である。


担当者からのコメント

日本では貝塚からもフグの骨が見つかるほど古くから食用とされてきたが、卵巣などに猛毒のテトロドトキシンを持つ魚でもある。医学部紀要の第一号にその毒性の研究が掲載されていることからも、フグを食用にすることの特殊性、そして中毒の原因を解明することの重要性が伺えよう。
石版画に手彩色の非常に手のかかったこの図版からは、この時代の出版物がいかに贅沢な作りであったが伝わってくる。また写真ではわかりにくいが彩色の上からアラビアゴムの上塗りが施されており、魚体表面のヌメリを表現しようとしたものと思われる。


このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
東京都
【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
東京都
資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
東京都
北海道斜里町 学芸員募集 [斜里町立 知床博物館]
北海道
府中市美術館学芸員募集 [府中市美術館]
東京都
展覧会ランキング
1
市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
ヨシタケシンスケ展かもしれない
開催中[あと17日]
2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
2
三菱一号館美術館 | 東京都
ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
開催中[あと45日]
2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
3
佐賀県立美術館 | 佐賀県
どがんなっとっと展
開催中[あと24日]
2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
4
駿府博物館 | 静岡県
柴田ケイコ「パンどろぼう」展
開催中[あと24日]
2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
5
国立西洋美術館 | 東京都
自然と人のダイアローグ
開催中[あと31日]
2022年6月4日(土)〜9月11日(日)